「自分をさらけだしたほうがいい」

という編集者のアドバイスをうけて

自分をさらけだす

31年間彼女がいなかった自分が、恋愛をして彼女をつくるまでを漫画にする

と宣言してはじまる本作。

え?さらけだすってそういうことなの?というツッコミはいったん横においておいて、エッセイのような著者の体験談がベースとなっているのが特徴です。

彼女をつくるために、合コンなり街コンなりオフ会なりに出向いて、
そこで出会った女性とデートしていく。

この字面だけ追うと、非リアな自分なんかは

「デートに誘って、デートできるだけで十分だろぉぉおお!」

と血涙して憤死しそうになりますが、どっこい、著者自身も自称しているように陰キャなコミュ障なので、1回のデートはうまくいくのですが、なかなか続かない。ましてや彼女にまで到達することは困難な状況。
それに悩み、悪戦苦闘する感じは、共感を超えて疑似体験している気分になります。リアリティがハンパない。

相手の趣味に自分が興味ないと会話を広げられなくなるの、あるある~
咄嗟に気の利いたこと言えなくなる感じ、わかるわぁ~

まるで、これ自分ですか?と。
自分をみているようで、なんか痛々しくなりました。

それでも、自分と決定的に違うのは「メンドクセ」と断絶せずに、
積極的に色んなことにチャレンジする著者は、本当にすごいなと思いました。
バイタリティもですが、メンタルも。

彼女ができるまで・・・と一見ポップな感じですが、実際、恋愛を通した人間関係も描いていて、そこもまた面白かったです。
著者が色んな人と出会い、時に傷ついて、少しずつ考え方や価値観が変わっていくのも一緒に成長させてもらっている感じがします。

自分のような非リアかつ陰キャには、著者の行動力はとても眩しく、また勇気をもらえました。やればできるのか、と。
3巻で終了がもったいなく、もっと続いて欲しかったな~。

「31年間彼女がいません」「あっ・・・(察し)」にコメントする
『僕に彼女が出来るまで』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる