娘の友達』の萩原あさ美先生の新連載と聞いて読んだら最高でした!

漫画の編集者男性・縦山が主人公。
企画の提案や原作も務めるクリエイター型の編集者と、作家のやる気を出させて出るものを待つマネージャー型の編集者でいうと主人公は後者のタイプ。
体調を崩した先輩編集から引き継ぎ、売れっ子女性作家・横沢先生を受け持つことになったが、出会いから波乱の予感で…?

『娘の友達』は、妻を亡くし家族の父親としての役割や会社の中間管理職としての役割などすべて投げ出したくなっていたところへ娘の友達が甘い香りを放っていて誘い込まれて二人で堕ちていくような少しエロティックでサスペンスのような家族ドラマのようなお話でした。

今回も、倒れ込んだ横沢先生を助ける形から始まってますが、これはすべて彼女の策略なのか…?
横沢先生は編集の縦山の情報を調べぬいていたはずなのに知らないふりしてたり、体調を崩した前の担当者の先輩も気になりますし、横沢先生を知る大学の同級生にも何かあるっぽいししかもしれも良くなさそうな?ことっぽいし、気になることてんこ盛り第1話!
縦山を虜にして人生吸い出して作品の題材にしようとしてるとか…?
タイトルの『編集の一生』がどう効いてくるのかな。

あと、横沢先生の下の名前が出てきたところを全部のコマでちょうど隠すようにしているのが地味にすごく気になります。
何かの伏線でしょうか…?
あと横沢先生、色っぽすぎますって!

待ち構えてる食虫植物の罠のような香りがするぜ!にコメントする
『編集の一生』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

このクチコミも読まれています

超楽しみな新連載が始まりました…!!!! どの読切もいつもめちゃくちゃ好きだった安彦晴先生がついに連載です!これからどうなっていくか楽しみでしょうがない! クラスの半分もいたイケメンが停学になった日にちょうど、美少女のような転校生が「男子校」にやってきて残りの陰キャたちがザワつく! が、陰キャゆえに!動かない!!動けない!! イケメン陽キャたちは二週間後には停学が終わり、登校し始めてしまう! この二週間はどうなるのか!? とりあえず、1日目は……何も起きず!!! なんだこれ!深美森羅(しんら)の正体も目的も1話目に分かるし、問題は陰キャたちですよ!! それぞれに自分こそが!と心に秘めているもののそれを表に出せるのか!? 声を掛けられるのか? 安彦晴先生は以前からもにょもにょした男子たちを描くのがめちゃくちゃ上手かった半面、女子をかわいく描くのも上手いので、嬉しいです! 『五月に隕石、六月には京都』も芋男子3人組と女子3人組の違う視点から違う事実が浮かび上がってきてよかったですよね~ https://twitter.com/haruabiko/status/1186732590595600384?s=20 『塾での平田』も陰キャの違う側面が垣間見れてしびれました! https://twitter.com/haruabiko/status/1258605099552657408?s=20 『狛犬送り』も超かわいくってもう最高だった~ https://twitter.com/haruabiko/status/1393158855937253379?s=20
ザ・シンデレラボーイズ
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み