娘が中学へ入学し、夫との仲も良好。「完璧とは言えないけど御の字」の生活を送っている主人公は、どこか心に闇を抱えている様子。ある日友人から、中学時代の塾講師が彫刻家になったとの知らせを受けたことで、26年前に自らが犯した罪と再び向き合うことになる。
その塾でできた親友の紫。紫と恋をしていた塾講師の今井。そしてその二人に関わるある「罪」を犯した主人公の茜。すこし怖い始まり方だったけど面白そう。タイトルの意味も早く知りたい。

気になる終わり方。 これ紫ってまだ生きてるんでしょうか?

気になる終わり方。 これ紫ってまだ生きてるんでしょうか?

@名無し

わかります、自分もそこ気になりました…

これ、どういう話なのかある程度知った上で単行本で読んだほうがいいと思った
個人的な感想ですが

このコメントびっくりした!!


売れっ子作家だからか、このテーマだからなのか。いずれにしろ沢山の人に読まれているという事実が嬉しいですね!

26年前に犯した罪と再び向き合う、渡辺ペコ新連載にコメントする
『恋じゃねえから』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる