🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

昔の名作少女漫画という話題になると結構目にする悪魔の花嫁マンバ通信でも取り上げられてたし読んでみるか〜と思って1巻読んだら、少女漫画らしくてメチャクチャよかったしマジで縦横無尽な文化教養マンガだった。

ここ数年の少女マンガの人気ジャンルといえば、スパダリ、溺愛、異世界モノでしょうか。どれもめっちゃ身に覚えがあります。めちゃくちゃ出来のいいイケメンにむちゃくちゃに好かれたら、もう最高に「いい女」の烙印を押された感じですよね。それに現実社会が辛かった学生の頃は、異世界にとても憧れたものでした…

1巻でテーマとなったものだけでも

・【絵画】ドガ『踊り子』
・【クラシック】ショパン『ノクターン』、シューベルト『魔王』
・【環境問題】公害
・【古典】竹取物語、ギリシャ神話、能楽(観阿弥・世阿弥)、源氏物語

…と、盛りだくさん。「ほぉ〜」と感心しながら読んでしまった。

作中世界について、↑の記事を書いた和久井さんが「異世界風ジャパン」と言ってたけど秀逸すぎる表現ですね。
日本の男子学生が自宅で貴族みたいな長テーブルで食事して平然と燭台持ちながら地下室に向かい出すの最高…!

少女漫画でおなじみの憧れの欧州の上流階級の暮らしを「こういうの好きなんでしょ?」ってサラッと現代日本(※70年代)にぶっ込んでしまう素直さ柔軟さが素晴らしい。
なによりにぶっ込んでも違和感を感じさせず、世界観を崩壊させない手腕がすごい。

正直1巻の時点ではスパダリというか結構粘着ヒーローって感じなので、2人がこのあとどうなるのかすごく気になる。

【追記】
気になったのが、主人公・美奈子という名前。
「ディモスの妹で、美と愛の女神ヴィーナスだから美奈子」という説明がされていたのですが、この「ヴィーナス=美奈子」って何が発祥なんだろう。
いままで「ヴィーナスで美奈子」と言えば愛野美奈子ことセーラーヴィーナスだと思っていたので驚きました。

あと1巻の最後のお話「愛は炎の中に」のカップルのやりとり。「やけどで酷い容姿になってしまった恋人(男)のために目を潰した彼女」って、これも何か元となる故事があるんだろうか。康一くんは由花子さんのために目を潰そうとしたけど、悪魔の花嫁読んでたのかな…。

コメントする
10/31(日)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー