和月伸宏は『るろ剣』の一話を何回描いているのか

一番下のコメントへ

映画あるから読み直したり特筆版も見てるんだけど『るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― カラー版るろ剣』って第一話というか剣心が初登場する話が何度も描かれてるのに気付きました。

間違いがなければ以下の計5回。
・連載前の読み切り2回(『るろうに』)
・連載第一話
・キネマ版第一話
・第零幕

それぞれちょっとずつ展開は違うんだけど、基本同じ話を何度も描くこと自体かなりレアなのでは…と思いました。
実写映画も完結するし、るろ剣の「一話」について色々語っていってください。

本編と話がつながってるのもあって

『るろうに』(二本目の方)→第零幕→連載第一話

この時系列のはず。第零幕が2012年の映画に合わせて描かれたやつで、特筆版に入っている。

るろうにの一本目が恵・薫・弥彦が姉弟設定。
薫と弥彦は本編準拠の性格だけど、
恵は病弱で自己犠牲キャラとかなり性格が違った記憶が。

第零幕はかなりお気に入り。
敵キャラが西洋剣術使いってのが良い。
ifの話になるけど、お医者さんの誘いに乗って、
外国に渡った剣心の物語というのも面白かったかも知れない。

第零幕はかなりお気に入り。 敵キャラが西洋剣術使いってのが良い。 ifの話になるけど、お医者さんの誘いに乗って、 外国に渡った剣心の物語というのも面白かったかも知れない。

第零幕はかなりお気に入り。 敵キャラが西洋剣術使いってのが良い。 ifの話になるけど、お医者さんの誘いに乗って、 外国に渡った剣心の物語というのも面白かったかも知れない。

@名無し

アメリカ編とかめちゃくちゃ面白そう。北海道編のあとにやってほしい

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー