🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

作画のzinbei先生好きで商業で連載しないかなーと思っていたら「マンガUP」というスクエニの漫画アプリ内で始まってました。

『ほろ酔い道草学概論』というwebで描かれているお酒の漫画も、土地や歴史を知れていい感じなんですが連載どちらも酒ってめっちゃ酒好き!

ほろ酔い道草学概論一覧ページです。アイテム情報誌「GetNavi(ゲットナビ)」のウェブサイトです。デジタル製品や生活家電、ガジェットだけでなく、カルチャーやグルメなど、「いま知っておきたい」情報がたっぷり!

さて、こちらの『酒と鬼は二合まで』ですが、
カクテルづくりが趣味のぼっちな女子大生・ナオリと、人前で一滴もお酒を飲まない陽キャなギャル・ひなたが飲み会で出会い、倒れたギャルを介抱するために家に連れ帰るところから始まります。
家に着き、お酒だらけの光景を見たギャルに一杯でいいからお酒を作ってとせがまれ飲ませると、ギャルに異変が起こり…。

これはとてもいい百合の香りがします。
『酒と鬼は二合まで』の「鬼は」を「オンナは」と読ませるあたり、お酒の二合と二人の関係性の百合(ユリ)も「合」が掛かってるし、おしゃれな感じでいいですね~
少なくともお酒でギャルの胃袋をつかんだわけなので、もう彼女なしでは生きられないのでは、という関係性などもどうなっていくのか楽しみです。
話はまだ始まったばかりなのでどう転がっていくのか分かりませんが、美味しそうなお酒とそれを飲む楽しそうな女の子たちを見て浸っていきたいと思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー