一番下のコメントへ

黒賀村編が尺延ばしだったとかテコ入れだったとか言われるたびに悲しくなってしまうのですが自分は大好きです。なぜならあるじゃないですか、シルベストリ戦が!!

修行中の勝の元に送り込まれたオートマータの刺客・シルベストリ。外見は老人そのもの、オートマータらしいギミックを持っているわけでもなく武装は腕の仕込み刀のみという渋い仕上がりの人形です。
にもかかわらず「最古の四人」アルレッキーノやパンタローネを瞬殺するほどの実力の持ち主で、純粋な剣の腕前のみを理由に味方からも一目置かれているという絶対に強いタイプの敵キャラです。(唯一人形っぽい特徴も体の中に沢山スペアの刀が入れられるだけという一点特化型なのがしびれる)

シルベストリの任務は人の生活の中に溶け込み「笑い」を研究すること。
彼は勝に「人はどうして群れるのか」を問います。人同士の関わりを最小限にすれば争いも無くなるのになぜ愚かしくも仲間を作るのかという、人間との距離が近かった彼だからこそ生まれるような、ある種の本質をついた問いです。昨今の世相にも突き刺さるような重みが生まれている…と感じずにはいられません。

それに対して勝は「誰かが隣にいることで変わっていけるから」と答えます。それこそが人間の進化であり、何も変わることのない人形との違いであると。
冷静なシルベストリが唯一激昂したのが孤独なオートマータに進化なんて出来るものかと看破されたこの瞬間でした。
勝がシルベストリに言い放った「人間は負け続けるようには出来ていない」という言葉は『からくりサーカス』のなかでも特に大好きなメッセージで、こんな時期だからということもあってか、久しぶりに読み返してゾクゾクしてしまいました。勇気をもらえた気がします。

常に単独で行動して、真の意味で誰とも交わることのなかったシルベストリは最後に「人の輪の中に入りたかった」ことに気付くのですが、ここが本当に切ない…。人形であっても本当は変わることが出来るという優しさのようなものが感じられるのです。

作中屈指の強キャラとの戦闘の緊張感もさることながら、本編を通してのテーマがドッシリと横たわっている読み応えのあるシリーズです。

黒賀三姉妹の話はどれもテーマがあって
面白いんですけど、評価が芳しくないのは
からくり編での鳴海の苦境を見た後にこれはなあ……。と
なってしまうからでは?と思います。
それと勝の場合、努力して強くなったというより
主人公補正が大きいように感じられるのもマイナスかと。

黒賀三姉妹の話はどれもテーマがあって 面白いんですけど、評価が芳しくないのは からくり編での鳴海の苦境を見た後にこれはなあ……。と なってしまうからでは?と思います。 それと勝の場合、努力して強くなったというより 主人公補正が大きいように感じられるのもマイナスかと。

黒賀三姉妹の話はどれもテーマがあって 面白いんですけど、評価が芳しくないのは からくり編での鳴海の苦境を見た後にこれはなあ……。と なってしまうからでは?と思います。 それと勝の場合、努力して強くなったというより 主人公補正が大きいように感じられるのもマイナスかと。

@neko

コメントありがとうございます。仰るようにサハラ戦の過酷な状況のあとだとどうしてもギャップ大きかったですよね。ギイが結構のんびりしてたり。

自分がシルベストリ戦好きなもう一つの理由は(ダウンロードこそあれ)勝が鍛えてきた筋力やスタミナなんかもフィーチャーされるところかもしれないです…
というのはそこそこに一番の理由は正二の刀で戦うのが理屈抜きでホントかっこいいところなんですが(笑)

コメントありがとうございます。

自分もシルベストリ戦大好きなんですよね。
対決前からの『強キャラ感』出しまくりの演出に
『勝てると思っているのか?』『負けてやらない』の
やり取り。
打ち上げ花火』の入れ方も巧くて、カッコいいですね。
是非、アニメでも見たかったなあと思います。

コメントする

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

幼馴染に死を予言されてしまう話
user_private
名無し
3日前
扉絵がすごくよくて本編読む前に過去作2つ読んでから読みました。  ◇ ◇ ◇ 2020年に第87回小学館新人コミック大賞〈少年部門〉佳作 「パラダイムシフト」 https://shincomi.shogakukan.co.jp/winner/87/ 少年サンデーS 2021年11/1号(2021年9月25日発売) 掲載 「兄貴が嫌い」  ◇ ◇ ◇ 作品を重ねるごとにストーリーが少年マンガらしくわかりやすく面白くなっていってるな〜という感想。 全部じわ〜〜っという感じの読後感で、「少年マンガの絵柄で少女マンガみたいに丁寧に感情の移り変わりを描いたマンガ」という印象です。 エンターテイメント的な面白さは控えめで、大人っぽい作品というか小説みたいな感じというか……「人間関係と心の機微をただただ描写するのがメインで、そこに少年マンガ的なエンターテイメントな要素が添えられている」という、少年マンガとしては珍しいタイプの気がします。 インパクトのあるショッキングな展開で惹きつける癖の強い少年マンガが増えてきている中で、この「じわ〜〜っ」という文学的な作風は差別化出来てて強みになるんじゃないでしょうか。 逆に言うと最近の人気マンガに多い巧妙な伏線とか意表を突く展開とかそういうのはないので、それを期待してよむと肩透かしかも。(このお話もマンガがちゃんとキーアイテムになってる感じがしないし……) とにかく、今後どんな作品を描かれるのか楽しみです。
扉絵がすごくよ...
また読みたい
フォロー