武士道といふは、死ぬことと見つけたり

一番下のコメントへ

発売当時に読んでいたけど久しぶりに読んだ。あらすじにあるとおり武士道の代名詞たる『葉隠』を佐賀鍋島藩の成り立ちと数多の“曲者”たちの物語として描いた傑作歴史小説を『拳児』を描いた藤原芳秀藤原芳秀がコミカライズしたもの。こういう人間はどう生きるかを描いたエピソードのマンガはいつ読んでも面白いな。

九州が舞台は武士マンガは「葉隠物語葉隠物語」といい「薩摩義士伝薩摩義士伝」といいすごい名作が多い

葉隠を漫画化する先生に藤原芳秀先生を選択したのは ベストチョイスだと思います。

葉隠を漫画化する先生に藤原芳秀先生を選択したのは ベストチョイスだと思います。

@名無し

マジでそうだと思いますね。内容と絵の雰囲気がむちゃくちゃあってました。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー