また読みたい
フォロー
「みんなと仲良くするため、強くなりたい」風変わりな祖父・侠太郎の薫陶をうけ、元気いっぱいの“やんちゃ”に育った少年・剛拳児。持ち前の正義感と祖父直伝の『頂肘』がうなる時、さわやかな風が舞う。拳児、強し!!
小学4年の夏を迎えた剛拳児。そして今、真夏の太陽のもと、祖父・侠太郎と共に、拳法・八極拳の本格的な修業を開始。それは“より強く”なるためであり『やんちゃ小僧』から『侠気ある男』への第一歩。拳児、学ぶ!!
祖父・侠太郎と別れてから、5年。剛拳児、中学3年。あの“やんちゃ坊主”も、高校進学問題、さらに、ふとしたことから巻き込まれた暴走族との確執と、むずかしい年頃。そして、少女・晶と懐しの再会。拳児、揺れる!!
「武を以て友に会う」──拳法を通じて、新しい友達に出会う。高校入学そうそう相撲部主将・藤吉とタイマンを張った拳児。勝ったはいいけど、一日にして有名人。そのうえ、今度はボクシングに挑戦。拳児、打つ!!
人のめぐりあいとは不思議なもの。「必要な段階に到った時、師は目の前に現れる」ということわざのとおり、拳児の前に、八極拳を使う老人・張仁忠が現れた。これも天の導きか、大いなる運命か!?拳児、出逢う…!!
張仁忠のもとで、本格的な修業を開始した拳児。だが拳児の拳法を“お遊び”と嘲笑う少年トニー・譚が出現。しかも拳児は、譚のくり出す洪家拳の一撃をうけ、敗北の辛さを知る。拳児、くやしさを秘め雪辱を決意す!!
八極拳を正しく伝えられる者として、中国人社会の実力者たちの集い“ユニオン”の支持を得た剛拳児。その前途には、壮大な世界が広がりつつあった。だが、またしてもトニー・譚の執拗な黒き影が…拳児、怒る!!
拳児、拳法の本場・台湾に立つ。拳児を迎えてくれたのは、蟷螂拳の使い手・蘇崑崙。驚くべきことに蘇の師・劉月侠は、拳児が憧れる八極拳の達人・李書文の最後の弟子だった。いま拳児、よき師のもとで技と心を学ぶ!!
米軍特殊部隊の精鋭を向こうにまわし、小柄な師・蘇崑崙の秘拳が炸裂。圧倒的な体重差さえも超越する中国拳法の神髄と、“武徳なき者に、武術を学ぶ資格なし”と、諭す功夫・蘇の姿に、いま拳児の血、熱くたぎる!!
剛拳児、いま李書文直系の八極門に正式入門。居並ぶ中国武術の同門兄弟をまえに、日本人初の“家族”として認められ、生涯、仁と義のために生きることを誓う拳児。念願の八極門入門の日、拳児、大きく輝く!!