また読みたい
フォロー
尖閣諸島沖────漂流する一隻のコンテナ船があった。海上保安庁の友里まひろは調査に赴く。人の気配の絶えた船内に、あれはいた!湧き出る恐怖と絶望…ぶつかる生存本能────それは人類を未曾有の災厄に叩き込む戦いの始まりに過ぎなかった。
尖閣諸島沖で発見された謎の漂流船トリトン号。突入したSST部隊が目の当たりにしたのは荒れ狂う虫「バクズ」だった。圧倒的な猛威を振るうバクズたちの前にひとり、またひとりと倒されていくSST隊。機動救難士・友里まひろは船内に取り残された生存者を救助し、脱出することはできるか?睨み合う海上保安庁と中国海軍。バクズの原種を狙う秘密組織。そして、まひろの前に立ちはだかる新たなバクズ。世界の終焉は、尖閣諸島沖から始まるのか?
巨大昆虫たちとの生存をかけた戦いは日本に!バスジャックされた車が巨大アリジゴクの巣に落ちた。生き残るべくムキだしになる乗客たちの真実。七月・藤原コンビが贈る究極のホラーアクション、新章・砂のサクリファイス編登場!!
人類の命運を握る少女とともに少年は走る。人類の未来のために、その女性は身を挺す。少女を救出するために巨大な組織が動き出す。すべては5年前に始まり敗残者達が再び牙をむく!巨大昆虫の暴走=スタンピードの発生に無力な人間は押しつぶされ近代兵器を有する自衛隊も……
巨大昆虫が闊歩する日本。あふれかえる被災者たち。他県からの流入を阻止するため障壁が巡らされた東京。巨大昆虫の暴走=スタンピードにより利権をむさぼる者が日本を手中に。阻止すべく立ち上がる伊吹亜蘭、そして友里まひろは人々のために… 昆虫巨大化と組織のすべての謎を解明する『原種』をめぐる戦いに今、終止符が打たれる!