プロレスファンはいつだって信じている

一番下のコメントへ

これほどまでにプロレスを確かに描いた漫画は他にない。プロレスファンがどういう視点でプロレスを見てプロレスを信じているか、ここに描かれていることが正解で真実だと思う。
予定調和の小競り合い的なものをプロレスと呼ぶ風潮。プロレスの試合をまともに見たことがない人が言う「プロレスはショー」「プロレスは八百長」という決めつけ。
そんなことはどうでもいい。プロレスを見続けるものにとって、そんな揶揄はどうでもいいのだ。

気迫がなければ八百長ですら勝てない、そんな世界をプロレスファンは信じている。
力が強ければ、技が決まれば、強いプロレスラーになれるわけではない。
ペドロがスカルマンスカルマンになれたのは同じ技ができたからではい。ファンの声に、世間の目に、時代の流れに、自分自身に向き合ったからである。 

家族揃ってお茶の間お茶の間でプロレスを見る時代が終わり、数えきれないほどのインディー団体が生まれ、海外からやってくる謎のマスクマンの映像も簡単に手に入るようになった現代。
時代は変わってもプロレスファンがプロレスに対して求めるもの、信じるものは変わらない。

プロレスを信じるものに読んでほしい漫画です。

これほどまでにプロレスを確かに描いた漫画は他にない。プロレスファンがどういう視点でプロレスを見てプロレスを信じているか、ここに描かれていることが正解で真実だと思う。 予定調和の小競り合い的なものをプロレスと呼ぶ風潮。プロレスの試合をまともに見たことがない人が言う「プロレスはショー」「プロレスは八百長」という決めつけ。 そんなことはどうでもいい。プロレスを見続けるものにとって、そんな揶揄はどうでもいいのだ。 気迫がなければ八百長ですら勝てない、そんな世界をプロレスファンは信じている。 力が強ければ、技が決まれば、強いプロレスラーになれるわけではない。 ペドロがスカルマンになれたのは同じ技ができたからではい。ファンの声に、世間の目に、時代の流れに、自分自身に向き合ったからである。  家族揃ってお茶の間でプロレスを見る時代が終わり、数えきれないほどのインディー団体が生まれ、海外からやってくる謎のマスクマンの映像も簡単に手に入るようになった現代。 時代は変わってもプロレスファンがプロレスに対して求めるもの、信じるものは変わらない。 プロレスを信じるものに読んでほしい漫画です。

これほどまでにプロレスを確かに描いた漫画は他にない。プロレスファンがどういう視点でプロレスを見てプロレスを信じているか、ここに描かれていることが正解で真実だと思う。 予定調和の小競り合い的なものをプロレスと呼ぶ風潮。プロレスの試合をまともに見たことがない人が言う「プロレスはショー」「プロレスは八百長」という決めつけ。 そんなことはどうでもいい。プロレスを見続けるものにとって、そんな揶揄はどうでもいいのだ。 気迫がなければ八百長ですら勝てない、そんな世界をプロレスファンは信じている。 力が強ければ、技が決まれば、強いプロレスラーになれるわけではない。 ペドロがスカルマンになれたのは同じ技ができたからではい。ファンの声に、世間の目に、時代の流れに、自分自身に向き合ったからである。  家族揃ってお茶の間でプロレスを見る時代が終わり、数えきれないほどのインディー団体が生まれ、海外からやってくる謎のマスクマンの映像も簡単に手に入るようになった現代。 時代は変わってもプロレスファンがプロレスに対して求めるもの、信じるものは変わらない。 プロレスを信じるものに読んでほしい漫画です。

@野愛

奇しくも今年(2020年)の年末もTVでは
総合格闘技の番組が放送されます。
80年代のプロレスブーム、90年代の総合格闘技バブル、
00年代の暴露本出版ラッシュなどをへて、
プロレスや武術武道、格闘技を取り巻く環境や
世間の評価や扱い方は劇的に変化しました。
プロレスも格闘技もかなり世間の見る目や価値観が変わり、
そして良くも悪くも今でも存在しています。
そのように時代が変化する前の時代に
コンタロウコンタロウ先生が「プロレス鬼プロレス鬼」を描いていることには
驚かざるを得ません。
今になって読んでも色褪せない、揺るがない、そして面白い。
80年代、90年代、00年代、それ以降の各年代の、
それぞれにプロレスや格闘技に接し、思うところがあった人達に、
改めて一読していただきたいし、一読する価値がある短編集、
そう思います。

奇しくも今年(2020年)の年末もTVでは 総合格闘技の番組が放送されます。 80年代のプロレスブーム、90年代の総合格闘技バブル、 00年代の暴露本出版ラッシュなどをへて、 プロレスや武術武道、格闘技を取り巻く環境や 世間の評価や扱い方は劇的に変化しました。 プロレスも格闘技もかなり世間の見る目や価値観が変わり、 そして良くも悪くも今でも存在しています。 そのように時代が変化する前の時代に コンタロウ先生が「プロレス鬼」を描いていることには 驚かざるを得ません。 今になって読んでも色褪せない、揺るがない、そして面白い。 80年代、90年代、00年代、それ以降の各年代の、 それぞれにプロレスや格闘技に接し、思うところがあった人達に、 改めて一読していただきたいし、一読する価値がある短編集、 そう思います。

奇しくも今年(2020年)の年末もTVでは 総合格闘技の番組が放送されます。 80年代のプロレスブーム、90年代の総合格闘技バブル、 00年代の暴露本出版ラッシュなどをへて、 プロレスや武術武道、格闘技を取り巻く環境や 世間の評価や扱い方は劇的に変化しました。 プロレスも格闘技もかなり世間の見る目や価値観が変わり、 そして良くも悪くも今でも存在しています。 そのように時代が変化する前の時代に コンタロウ先生が「プロレス鬼」を描いていることには 驚かざるを得ません。 今になって読んでも色褪せない、揺るがない、そして面白い。 80年代、90年代、00年代、それ以降の各年代の、 それぞれにプロレスや格闘技に接し、思うところがあった人達に、 改めて一読していただきたいし、一読する価値がある短編集、 そう思います。

@名無し

時代の変化とともにプロレスの在り方ももちろん変わっていきますが、愛するもの達の根本は変わらないと思うんですよね。
だからこそ、いつの時代のプロレスファンが読んでも胸に響く作品が存在しているんだろうなと。
昔はこうだったんだなあではなく、今も昔も変わらないものを見出してほしいので様々な人に読んでほしいですね。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー