一番下のコメントへ

ほとんど持田あき先生の漫画は読んでこなかった者ですが、最近、オシャレでかっこいい絵を描く人だな〜と思ってあまり長くなさそうな「ぶどうとスミレ」を読んでみました。紙だと全2巻のようですが、電子で読んだので1〜2巻は一会と幹の話。3〜12巻は幹の妹・みなとと研修で島へ来た医者の江馬の話という構成でした。短い間にギュッと詰まってる、まさにぶどうのような甘酸っぱい恋の話でした…!なんか心に足りてなかったものが満ち足りたような気持ちです。
態度や表情ではなに考えてるのか伝わってこないで不安にさせるのに、言葉ではこれ以上ないくらいハッキリと言って女の子の心臓を撃ち抜く男子を描くのが抜群に上手い。あとけっこう持田先生はモサめのメガネ男子好き?

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー