新宿中村屋からレトルトまで、カレー愛が吹きこぼれているマンガ

一番下のコメントへ

※このマンガを読んだ瞬間にカレー食べたいゲージが120%になるのでご注意ください

皆さんカレーは好きですか? 私も多分に漏れず大好きです。それなりに名店と言われるお店を食べ歩きましたし、今でも週に一度はお店でインドカレーを食べます。巨大なナンのおかわりを執拗に勧めてきて、応じたらとても嬉しそうにして、断ったらちょっと悲しい瞳になるインド人の店員さんが愛おしいです。そんな私から見ても、このマンガの作者さんのカレー愛は素晴らしいなと感じられました。

地方から東京にやってきた春から大学1年生の黒部ちなが、西葛西にある加来井女子大学の寮に入寮する前にたまたま同級生と出逢い、新宿中村屋でカレーもといカリーランチをするところから物語は始まります。

西葛西といえば、実写版の『翔んで埼玉翔んで埼玉』でも、GACKT様演じる麗の東京の空気テイスティングで
「ツーンと鼻につくスパイシーな臭い。まるで異国の地。インドの香り。あと……ほんのりと潮風の臭いがする。これは、東京で最もインド人が多く住み、なおかつ海が近い場所………西葛西」
と言われたカレー文化において最強の町。

その寮生たちとボルツ、カルカッタ、たいめいけんといった名店からCoCo壱番屋まで実在の名店を楽しく食べ歩く姿、更にはレトルトカレーの奥深い世界までもが描かれます。

ボルツの30辛を食べて「食べるサウナ」ラッシーラッシーを飲んで「整った」という表現は秀逸。

ココイチで4人の女子大生がそれぞれのこだわりトッピングでカレーを食べる姿の何と良きことか。「実はナンはインドでは少しお高めの料理で、日本に来て初めて食べたというインド人も多い」といったカレーにまつわる知識も豊富に知ることができます。

今後、神保町や日比谷の某店なども登場するかな? と楽しみです。

お店としては東京中心ではあるものの、レトルト回では関西の名店のものも登場します。

各回の幕間に筆者のカレー愛溢れるコラムもあるのですが、何より素晴らしいと思ったのが「CoCo壱の福神漬けが大好きだけど、それを描きすぎるとカレーマンガではなく福神漬けマンガになるので自重した」というところ。好きなものだけど、いや好きなものだからこそ、丁寧に伝えていきたいという姿勢がとても良いです。

ああ、今日はカレーを食べよう……。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー