確かに「衝撃の最終回」だと思う

一番下のコメントへ

夜の東京を駆るモグリ(!)のタクシー運転手「ミッドナイトミッドナイト」。彼が乗せるのはなぜだか毎回ワケアリの乗客ばかり。色んな人が居るんだな…という点では『ドキュメント72時間』とか『家、ついて行ってイイですか?』的な楽しみ方も出来るかも。

単純にお客さんを乗せる以外にも陰謀や犯罪に巻き込まれるエピソードも多いので、カーアクションも見所の一つです。
ミッドナイトが乗る相棒のタクシーはボンドカーやマッハ号のように特殊機能が満載のロボットカーです。防弾機能はもちろん車体から「5本目」のタイヤが飛び出たり、アクロバットなワクワク仕様。そんなタクシーがあるか!という感じですがやっぱりこれは嬉しいですね。

各話完結で読みやすいですがレギュラーキャラも魅力的で、なんとブラック・ジャックブラック・ジャックも登場します。モグリ仲間として!
脳死状態になってしまったミッドナイトの「ダチ公」マリを診察するなどなかなかの活躍ぶりで、衝撃的と言われる最終話にも重要人物として登場しています。
個人的な推しキャラは密かにミッドナイトに想いを寄せる運送会社の女社長女社長カエデちゃんなのですが、これもまた最終話の展開に胸が締め付けられた次第…。

きちんと調べてはいないですが、最終話が収録されている電子書籍はおそらくこの文庫版だけだと思います。単行本に収録されなかったのは手塚治虫手塚治虫公式サイトによると「あまりにも意外だったため」とのこと。
確かに今読んでもかなりインパクトのある結末でした。
https://tezukaosamu.net/jp/manga/480.html

軽々しいことは言えませんけれども百合作品が好きな人は今こそミッドナイトを最終話まで読むべきなのではないだろうか…というような少々勢いづいたことを言ってしまうくらいのパワフルなストーリーテリングを楽しめる作品でした。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー