短編が良いと大体作家との相性が良いと思うの巻

一番下のコメントへ

ハクバノ王子サマハクバノ王子サマ』から、作家:朔ユキ蔵朔ユキ蔵に興味をもち、本作にたどり着きましたが、やっぱりいいですね。

どうしてもエロスを感じさせる作家さんなのですが、書誌内容にあるようにこの作品はどれも「別れと再会」をテーマにしていたようで、エロスは影を潜めております。

とにかく作者特有の、どこか影があって物悲しいキャラクター描写が、テーマとマッチしてグッドなんですよ。

表題作の「帰ってきたサチコさん帰ってきたサチコさん」が個人的にツボでした。
過去にタイムスリップして帰ってきたサチコが断片的に語られる構成で、これが一見ストーリーをわかりにくくしているのですが、パズルパズルのピースがおさまった瞬間の感動たるや最高なんです。

70年位前にタイムスリップして、戻れないからと、その時代で結婚し所帯をもってしまうサチコ。
そこからなんやかやでその時代に10年ほど過ごし、ひょんなことで再び現代に戻ってくるのですが、過去に残した夫を探して再会するという流れ。

あの時代から別れたサチコを現代待って、年老いた夫の変わらぬ想いに、思わず涙です。

それ以外の短編も、作者の個性とも言えるピカリと光った「別れ」と「再会」の表現が、最後までどう転ぶのかドキドキさせてくれます。

短編集が好きな作家は大体、どの作品も相性合いそうだと思うので、
作家を知るきっかけになりそうです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー