まだ見ぬプロレスファンの貴方へ

一番下のコメントへ

2000年代において90年代のプロレスメインで漫画にするというのがなんとも心憎いですね…。
白黒テレビで家族揃ってプロレスを見ていた時代が終わり、メジャーメジャー団体だけではなくインディー団体が生まれ、冬の時代を迎えながらも細分化され現代のプロレスに繋がっていく…そのいちばん美味しくていちばん学んでおきたいところを掻い摘んで知ることができるのであります。

とは言ってもプロレス好きな人なら履修はしてあるかな?という話題が多いとは思います。逆に言うとこの辺おさえとけばなんとなく今に繋がる流れがわかるってことなのかもしれません。
まあそんなことはさておき根本にあるのは「人の好きを笑うな」ということだと思う。
この漫画をプロレスファン以外のひとが読むことは滅多にないでしょう。でも、もしプロレスファンじゃないひとがこの感想を読んでこの漫画を読むことがあるならば(ないと思うけど)伝えたいことがあります。

誰に笑われても、誰に否定されても、どうかその好きに誇りを持ってほしい。
ニワカでも詳しくなくてもいいんだよ!あなたの好きがコンテンツを支えるんだよ!
わたしの好きなプロレス団体の代表は常々「プロレスをメジャースポーツにする」と謳っています。今存在する全てのコンテンツが、新規に伝えることを辞めてしまったら衰退するばかりなのです。
ニワカであることを誇れ!古参はニワカを愛せ!

たまちゃんたまちゃんをニワカだと批判するキャラクターが途中登場しますが、これは全てのヲタクが自分を省みるべきという戒めなのだと思います。知識とか認知とか金額とか(それらはひとつの指標だけど)だけを誇ってはいけないし、他のヲタクを排除してはいけないのです。
愛するコンテンツを守るために愛を広げなければいけないのです。
虎はウザいしたまちゃんはもっと喋れ、女装家レスラーやジェンダーレスレスラーがいるんだからオカマとか安易に言うんじゃない、とか思うところは多々あれど、結局はラストシーンでたまちゃんが虎に発した台詞が全てだと思います。

好きなものは好きと言おうじゃないか。好きなものを好きでい続けようじゃないか。
そして、プロレスをメジャースポーツにしようじゃないか!!!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー