主人公の鍵山はけしてリア充ではない。
だが非リア充であるともいいがたい。
少なくとも鍵山には自分が王様である居場所がある。

けしてニートとか引きこもりというわけではない。
大学院に通学し研究に勤しんでいる。
やたらと教授を怒らせているけれど。
コミュ障というほどでもない。
ゲーム仲間の友人も、飲みに誘ってくれる先輩も、
付き合いたくてアプローチしている同級生女子もいる。
たまたま運や都合が悪く、上手く行かないことが多いけれど。
極端に根暗だとか精神的異常者でもない。
カバの置物や炊飯器、換気扇と会話したりするけれど。
裕福でもないが飢えに苦しむほど貧乏でもない。
冷蔵庫内の余った食材を使いきろうとして
完成した謎料理をまえに躊躇したりするけれど。
アパート内がゴミ屋敷とか汚部屋とかになっている訳でもない。
掃除や整理整頓にいそしむこともある。
主にレポート提出に追われているときなどに限るけれど。

何かを達成するために、今は苦労に耐えている、
というわけでもない。
かといってけして自堕落というほど無気力でもない。
そんな普通の若者?の主人公・鍵山の、
1K(6畳)バストイレ付きのアパートでの生活
「のみ」を舞台にした漫画。

たとえ6畳1Kであろうとも、
たとえ学生バイトの身分であろうとも、
一国一城の主だ。
だから自分の城のなかでは自分をさらけ出す。
炊飯器や飲みかけの酒瓶であろうとも、
自分の意を汲んだ会話が成立?している。
スマホは色々と導いてくれる。
多少は意に反した結果となって、
自虐的に無理矢理自分を納得させていたとしても。

そんな6畳一間での鍵山の生活を見ていると、
「とにかく頑張ろうぜ、
 オレも偉そうなことは言えないけれども。」
と思ってしまう(笑)。

リア充ではないが一国一城の主にコメントする
『吾輩の部屋である』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

『吾輩の部屋である』が謎に好きだった私。 その著者の新作ということで手にとったが、これも最高だった。 そもそも『吾輩の部屋である』が、基本的主人公1人が悶々としながら独り言している会話劇?(会話じゃないが)が面白かったのだが、 本作も、基本フォーマットは同じで、犬と散歩しながら一人で話している構図。 それもたわいもない、自販機がどうのとか、この道は通ったの通らないだの、受験勉強がどうのとか、ホントにたわいもない話を延々とする。 それに犬のポン太がモノローグでツッコむ感じ。 たったそれだけのことなのに、すごい中毒性がある。 1話が短くて物足りなく感じるのも理由の1つだろうが、それ以上に著者の日常にあるちょっとした疑問などの着眼点が面白いからだと思う。 ガードレールのつなぎ目のルールとか、この本読まなかったら一生知らなかったと思う。 主人公・りえ子もちょっと残念というか、イタイというか、そこに加えてコミュ障なところもいい。 それに、ポン太が冷静にかつ鋭くツッコむの良い感じです。 時系列がバラバラで、各話いろんな時代のを断片的に描く形式なので、どこかの話とつながっているのも、また楽しいです。 まだ3巻ですが、謎の中毒性があって3回くらい通して読んでしまいました。
今日のさんぽんた
また読みたい
フォロー