少女×人外、凸凹コンビの心の交流の物語 #1巻応援

一番下のコメントへ

いつの日からか他の人には見えない"人ならざる者"が見えてしまう少女・ましろましろ。ある日彼女が出会ったのは、悪霊化した"人ならざる者"=「ノーマンノーマン(NOMAN)」を浄化する女性・バズウ。
頼まれたら断れない素直な性格のましろと、自らもノーマンであり、ある事件が理由で人間嫌いになったバズウ。ひょんなことから"契約"を結びノーマン討伐をすることになった2人の物語。

広い意味でいうと人間を脅かす悪を討伐する少年マンガのような作品なんだけど、実はノーマンが生まれる過程には様々な"思い"が絡んでいて、ノーマンという存在に注目するだけでもドラマが見える。また、少女×人外のバディものでもあり、性格も境遇も全く異なる2人が互いの秘密を知って心を通わせていく"魂の交流"の物語でもある。特にましろは小さい頃からノーマンが見えていたことから他の人に「迷惑を掛けてきた」という自責の念があり、バズウとの関わりの中でその"彼女の中にしか存在しない罪"から開放される、そんな物語でもあるように思う。
作品の構造はシンプルなんだけど、その中にいろんな要素を隠し持っている多層的な作品。

1巻まで読了

コメントする
reread
また読みたい
フォロー