一番下のコメントへ

思春期の恋愛の真理がぜんぶ詰まっている。
相手を愛おしく思うような、大切に思うような、そんな恋愛なんて最初からできる訳がない。
自分の中にある理想像を誰かに押し付けて、こうであってほしい、こうやって愛してほしいという傲慢さを振りかざすような恋愛。性欲と憧憬と独占欲が入り混じってどろどろした薄暗い恋愛。
大人になんかなりたくないと思っていたけれど、大人になると楽になる部分もある。

由紀をクズだと笑えないし、左ちゃんも水面もそんな男やめなよなんて言えない。
みんな切実で愚かで一生懸命で愛おしい。

ラストシーンは賛否両論を呼んだようですが、わたしはとても好きです。どうしようもなくて美しい台詞だと思う。
大人になんかならないで。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー