つめこまれた悩めるアラサー女性の姿

一番下のコメントへ

アラサー女性教師が新しく赴任してきた年下の男性教師と恋愛する話。
有り体に言うとそうなのだけど、その女性教師は既婚男性と不倫していたり、男性教師には婚約者(海外留学中)がいたり、というちょっとした複雑さもある。
それが大人のラブストーリーラブストーリーとして物語をすすめてくれます。

随分前の作品なのですが、定期的に読みたくなる作品の一つ。

女性教師 原多香子(通称タカコ様)は、自分にある種のツンデレの概念を自分に植え付けてくれたからでしょうか。

普段は毅然とした態度でいるのに、恋愛のことになるとモジモジと奥手だったり、ちょっとしたことで「あーあ。」と後悔したり、だけど、意地張って虚勢をはったり…。
なんだかとっても可愛らしいのです。
年上女性の可愛らしさをこれでもかと詰め込んでおります。
ビールをグイグイ飲む姿とか、どツボですよ。

また、作中にでてくる言葉のチョイスもいいのです。
「誰にも選ばれなかったから一人」
「明日の自分は想像できる、一週間後、一ヶ月後の自分も想像できる・・・でも10年後の自分は怖くて想像できない」
「女の旬」
などなど。
なんとも、妙齢女子の特有の叫びがリアルリアルで胸が締め付けられます。

最後二人がどうなるのか、最終巻までじりじりさせますが、きっと後悔はしない終わり方です。
リアルな大人な恋愛を楽しみたい方はぜひ。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー