今日もどこかでナイブスが生を紡ぐ

一番下のコメントへ

この作品の読後感は 例えるなら「短編映画の隠れた名作」を観た後の
重厚と疾走を同時に味わった感と似ています。
もっと評価されてほしいし、されるべき作品だと思います。

ソリッドな絵柄と真摯なストーリーの親和性がとても高く、全1巻と短尺ながらも決して投げっぱなしのような終わり方ではなく、「連載」という観点からは完結しているものの その先をいくらでも想起できる、夢のある結末を迎えています。

紙で買うとプレミア価格になる可能性もありますが、なんと数年前からすでに電子書籍化していることもあり、SF好きな方には是非読んでほしいですが
そういった方々の間では既に名が知れた作品に思うので、ここは敢えてSFに詳しくなかったり、なんならあまり興味のない方に読んでもらえたらうれしいです。私もその状態で読んだ結果ハマったので。
おすすめです。

この作品の読後感は 例えるなら「短編映画の隠れた名作」を観た後の 重厚と疾走を同時に味わった感と似ています。 もっと評価されてほしいし、されるべき作品だと思います。 ソリッドな絵柄と真摯なストーリーの親和性がとても高く、全1巻と短尺ながらも決して投げっぱなしのような終わり方ではなく、「連載」という観点からは完結しているものの その先をいくらでも想起できる、夢のある結末を迎えています。 紙で買うとプレミア価格になる可能性もありますが、なんと数年前からすでに電子書籍化していることもあり、SF好きな方には是非読んでほしいですが そういった方々の間では既に名が知れた作品に思うので、ここは敢えてSFに詳しくなかったり、なんならあまり興味のない方に読んでもらえたらうれしいです。私もその状態で読んだ結果ハマったので。 おすすめです。

この作品の読後感は 例えるなら「短編映画の隠れた名作」を観た後の 重厚と疾走を同時に味わった感と似ています。 もっと評価されてほしいし、されるべき作品だと思います。 ソリッドな絵柄と真摯なストーリーの親和性がとても高く、全1巻と短尺ながらも決して投げっぱなしのような終わり方ではなく、「連載」という観点からは完結しているものの その先をいくらでも想起できる、夢のある結末を迎えています。 紙で買うとプレミア価格になる可能性もありますが、なんと数年前からすでに電子書籍化していることもあり、SF好きな方には是非読んでほしいですが そういった方々の間では既に名が知れた作品に思うので、ここは敢えてSFに詳しくなかったり、なんならあまり興味のない方に読んでもらえたらうれしいです。私もその状態で読んだ結果ハマったので。 おすすめです。

@ショウコ

このクチコミを読んで「うわメチャクチャ読んでみたい…!!」と思い早速電子書籍で購入しました!

もうビックリしたのが、これ、こんなに表紙も大人っぽくて格好いい(寄生獣寄生獣みたい)なのに、週刊少年ジャンプ週刊少年ジャンプで掲載されていたんですね…!?

しかもその面白さから「伝説の打ち切り作品」、「打ち切りマンガ界不朽の名作」と呼ぶ人もいるみたいで…あとでじっくり読むのが楽しみです!

このクチコミを読んで「うわメチャクチャ読んでみたい…!!」と思い早速電子書籍で購入しました! もうビックリしたのが、これ、こんなに表紙も大人っぽくて格好いい(寄生獣みたい)なのに、週刊少年ジャンプで掲載されていたんですね…!? しかもその面白さから「伝説の打ち切り作品」、「打ち切りマンガ界不朽の名作」と呼ぶ人もいるみたいで…あとでじっくり読むのが楽しみです!

このクチコミを読んで「うわメチャクチャ読んでみたい…!!」と思い早速電子書籍で購入しました! もうビックリしたのが、これ、こんなに表紙も大人っぽくて格好いい(寄生獣みたい)なのに、週刊少年ジャンプで掲載されていたんですね…!? しかもその面白さから「伝説の打ち切り作品」、「打ち切りマンガ界不朽の名作」と呼ぶ人もいるみたいで…あとでじっくり読むのが楽しみです!

@たか

えっ!えっ!?本当ですか!?うわ~うれしい!ありがとうございます!レビュー書かせていただいてよかったと心から思える瞬間ですね。
そうなんですよしかも90年代週刊少年ジャンプジャンプ!記憶かなりおぼろげですが当時のラインナップの中でもなかなか異色だったと思います

そう、明らかに打ち切りではあるのですが決して単なる打ち切り作品ではないことを強く確信しているので 是非ごゆっくりお楽しみください^_^

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner