ふたつの赤い靴がつなぐ青春の絆

一番下のコメントへ

青春の瑞々しさ・ほろ苦さ・爽やかさにくわえて、若者の持つエネルギーの熱さ…。
ジュブナイルストーリーの魅力がたっぷり詰まったマンガです。
佐原ミズ佐原ミズ作品は本作が初めてだったのですが、圧倒されてしまいました。

主人公・鉄宇(きみたか)とヒロイン・宝(たから)はバスケとフラメンコ、それぞれの夢に敗れてしまいます。偶然出会った彼らは、自分には似合わなくなったバスケシューズとフラメンコシューズ…お互いの「赤い靴赤い靴」を交換します。
高校生になり、宝が新たにバスケを始めたことを知った鉄宇は、自身もまた彼女から受け取った赤い靴を履き、フラメンコ教室のドアを叩くことに…。

本作の多くの登場人物は過去に引きずられ、未来におびえています。
鉄宇と宝は靴と一緒に、互いの夢を交換することで、未来に向かって進んでいけるようになりました。
鉄宇が赤い靴を履いたことで「アイツががんばってるんだから、自分もがんばろう」と周囲のキャラクターも、みな少しずつ変わっていくのです。
一度くじけても、誰かと一緒なら新しい夢を追っていける…その姿に勇気づけられます。

6巻と短いストーリーではありますが、彼らの未来に思いを馳せながら読了した時の充実感、味わってみてほしいです。

末筆ではございますが、妹の銘椀(なまり)ちゃんが終始かわいいことを付け加えさせていただきますいただきます
ホント健気でいい子でね…。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner