reread
また読みたい
フォロー
神様のジョーカー(1)
平凡な男子大学生・緒方希和(おがた・きわ)。就活もうまくいかないし、年上の彼女・茉洋(まひろ)には叱られてばかり。そんな希和には、一つだけ誰にも言えない秘密がある。――それは「願いを叶える力」を持っていること。けれどそれは代償が伴う危うい力。しかし、その力の存在を茉洋に打ち明けたことで、二人の運命の歯車は徐々に狂いだす――。
神様のジョーカー(2)
「願いを叶える力」を持つ青年・緒方希和(おがた・きわ)。神が与えた奇跡とも言える特別な力は、同時に必ず代償を支払わねばならない危うい力でもあった。しかし、その秘密を恋人の茉洋に打ち明けたことで、彼女に乞われ「力」を使ってしまう。願いは成就し、その代償は茉洋の身に――。“代償を支払ってでも叶えるべき「願い」とは何か?”
神様のジョーカー(3)
「願いを叶える力」を持つ青年・緒方希和。しかしそれは同時に必ず代償を支払わねばならない危うい力でもあった。ベテラン漫画家・富田の担当になった希和は、彼の過去の栄光の裏に「黒髪の女神」の存在があったことを知る。「女神」捜しを始める希和だが、それを妨害するかのような偶然の数々に見舞われ……。すべての謎が明らかになるとき、「神」と「力」の本質が明らかになる!