🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

能田達規先生のサッカー漫画は我が家の本棚で10年以上スタメンを張っています。
氏の作品の特徴でもあるのですが「試合としてのサッカー」よりも「サッカーに係る人間のドラマ」に焦点を当てています。
この作品はまだ少年漫画でのサッカー漫画をしていますが、他の作品は中々振り切ったテーマになっています。
オーレ!
 サッカーチーム経営
サッカーの憂鬱 ~裏方イレブン~
 芝生の手入れから審判、広報のひとに
ぺろり!スタグル旅
 スタジアムのグルメ

本作のストーリーは
少年時代の約束を守るために、天才ストライカー ムサシが J2 の存続すら危ぶまれる南予オレンジに加入し J1 昇格を目指す
J2 のチームが J1 に上がれるか?とマイナス方向にハラハラさせるのが読んでいて引き込まれます。

結構敵チームをいい味を出していて、どっちも負けてほしくない試合がチラホラと・・・

以前、友人に勧めたら
「これ、ゴール決まったらすぐ試合終了になるじゃん・・・試合短いじゃん・・・」
と言われてしまったので、サッカー漫画好きには物足りないかもしれませんが、スポーツ漫画と言うよりも人間ドラマとしてみると凄い良き作品だと私は思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー