清野とおるは我が人生

一番下のコメントへ

今作にも再録されている「不快な読み物」の一部「街」を読んで鮮烈な衝撃を受けたまま10年近く、そこから派生して多くのかけがえない出会いを経て
清野さん、あなたがいなければ私はどれだけつまらない人生を送っていただろう?と本気で思って生きています。

世間的には清野とおる清野とおるはエッセイ漫画家としての認知が高いと思われますが、私の中では不条理創作漫画の人なので
令和の時代に氏の短編集を新刊で読める日が来るなんて感無量です。私がまあどうせいつか死んだらコミックスを棺に入れてほしいので、どうぞよろしくお願いいたします。

騙されたと思って読んでみてください。
100人読んだら99人が騙されたと、「これの何に心を動かされたの!?」ときっと思うことでしょう。そうではないひとりに、あなたがなるんですよ。そう、私のようにね

いずれにしても唯一無二の感情をお約束します。
おすすめです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner