高橋が実は武闘派でもある&実は護身用に自分だけ銃隠し持ちってありそうだと思います。 高橋はあくまで国家の利益最優先派かなと思っているのですが、 自衛隊員に反乱を起こされてから外部に連絡をとるのは難しそう、外部の隊が駆けつけるのにも時間がかかると思うので 逆らった隊員を自力で制圧する力を持ってるのかも…とか

高橋が実は武闘派でもある&実は護身用に自分だけ銃隠し持ちってありそうだと思います。 高橋はあくまで国家の利益最優先派かなと思っているのですが、 自衛隊員に反乱を起こされてから外部に連絡をとるのは難しそう、外部の隊が駆けつけるのにも時間がかかると思うので 逆らった隊員を自力で制圧する力を持ってるのかも…とか

@名無し

全員から銃を取り上げたのは、
猿を傷つけずに捕獲することに加えて
いざとなったら高橋が他を制圧しやすくする
ためだったのかも。
もっともあの時点では猿がどの程度強いか
わかっていなかったから、賭けではあったと思うけれど、
自衛隊員達が猿を捕獲すると同時に力尽きて、
高橋が好き勝手できる状態になることが理想だったのかも。

reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み