【名作】監察医は死者の心に耳をそばたてて聞く仕事

一番下のコメントへ

主人公の天野ひかるは、東京の大学を主席で卒業し、地元の大阪に戻り、監察医として大学病院で働いている。

大学時代は、医学部に属していながら卒業後に進む道を決めかねていたひかるだが、あるショッキングな事件をきっかけに、死者の声を聞くことの意味を知り、監察医になることを決めた。

監察医になってからのひかるは、おっとりして控えめながら、気になったこと・分からないことに対しては納得いくまで調べ尽くさないと気がすまない性格ゆえに、必要以上に事件や事故の内情に入り込んでしまい、無念な死を目の当たりにしては心をすり減らすような日々を送っている。

そんなひかるの人並み外れた観察力と真実を知りたいという執念、どんな人間に対しても死には同じ重みがあると信じる純粋な心が、同僚や警察、被害者の周囲の人間にさまざまな影響を与える。

ストーリーの構成としては2〜3話完結(話によって5話くらい続くことも)で、読み手には最初から犯人がわかっているパターンもあれば、事故か事件かもわからないで進む話もある。
ひかるの身近な人間が事件に関わることも少なくない。

プライベートでは、母親からしつこく受ける見合いの誘いを断りながらも、仕事でよく関わる刑事の森田と恋仲になる。森田に対する自分の気持に気づいてから、何かにつれ顔を赤らめオドオドする様子は、相当な奥手女子であることがわかる。しかし、たまにある超貴重なデート回でも必ず事件や事故に関わることになってしまう運命なのはななのはなんとも残念。

自分はとにかくこの作家の描く人体描写の虜である。
大きい頭になで肩、どんくさそうな脚、…。新作描いてほしいな、と小さな声で言ってみる。

ちなみに、本作の続編である「きらきらひかる2きらきらひかる2」の新キャラに霊が見える監察医がいるが、なぜかひかると同程度の主役級の扱いになっているうえに、森田の存在感がかなり薄くなっている(恋人同士という設定自体が無くなってる感じ)。
それにかなりのショックを受けたが「きらきらひかるきらきらひかる最終章」(未電子化)でそこらへんはしっかり回収されている。

うわぁ!ドラマがめっちゃ好きで観てました!今でもたまにyoutubeで探して観るくらいなんですけど、郷田マモラ郷田マモラさん原作だったんですね!!!
ちょっと意外な感じです。美人ばかりのキャストだったんで、勝手にレディコミとかだと思ってました。
知ったからには絶対読みたいと思います!!!うう…もう一度しかも漫画で楽しめるなんて楽しみすぎる最高すぎる。ありがとうございました(^q^)

私もドラマの方見てましたー!!若かりし深津絵里が可愛いですよね。
そういえば原作読んだことないな…と思ったのを機に読んでみた次第です。
ぜひぜひ読んでみてください〜!!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー