ネタバレここから「始まった」数え切れないもの

一番下のコメントへ

高野文子高野文子の初作品集だけど、「ここ」で提示されたイメージが後の漫画家たちにどれだけ影響を与えたかを思うと、ちょっと言葉を失う。

「田辺のつる」「アネサとオジ」「あぜみちロードにセクシーねえちゃん」「玄関」…収録作すべてが、ものすごい切れ味で、(当時の)清新な衝動を描き出す名作揃い。しかも、すべての作品のテイストが違う。テーマも語り口も、本当にバラバラ。
それは、若き高野文子の苦悩の軌跡であり、無限大の可能性だったのだろう。

個人的には、次単行本『おともだちおともだち』収録「春ノ波止場デウマレタ鳥ハ」がフェイバリットなのですが、この第一作品集のすさまじい才能の乱反射は、まったく稀有だと思います。

それにしても、どの作品を読んでも思うが、高野文子は「悪意」≓「抑圧してくるもの」の表現がうまい。(『棒がいっぽん棒がいっぽん』収録「美しき町」の伊出とか)
その「悪意」のやけに的確な描写と、それに怯える繊細な心象があるからこそ、彼女の抒情は輝くのだ。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー

banner