ネタバレ
居場所のない2人のUFOに攫われる旅

一番下のコメントへ

まあ〜すんごい読切を読んでしまった…!

あらすじ
頭の中の「怪物」のせいで怒りをコントロールできない少年・竹中正治と、生まれつき全身が真っ白な少女・京郷日和。
理由は違えど、ともに家族から見放され友達もおらず居場所のない2人。

ある日、竹中は「UFOに攫われたい」という京郷の願いを叶えるため、UFOを探す3日間の旅を提案する―――

… … …
 
描き込みと塗りで全体的に暗い紙面が、鬱屈したムードを作り出しているのが特長。すごく雰囲気がある。

竹中が小学生らしからぬ成熟した思考力で怪物と対話するシーンがとても恐ろしかった。対話を重ねるうちに「怪物が自分から分離していく」描写は、アイデンティティの危機を見事に表現していて唸る。

竹中が生来の凶暴性を抱え苦悩しながら生きるところは、ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版ジョジョの悪役に通じるところがあってすごく好き。最終的に2人とも友達になれて本当によかった…!

殺すときに使うつもりで持ってきたパラコードで京郷を救う演出が超オシャレ。

いつか書籍として出版してほしい読み応えのある読切。

週刊ヤングジャンプの公式マンガアプリ「ヤンジャン!」です。話題の最新作から不朽の名作まで、豪華ラインナップを配信中!

まあ〜すんごい...

話の最後に「ULTIMA THULEULTIMA THULE(ウルティマトゥーレ)」の意味が明かされるけど、ウルティマ・トゥーレとは「人類が接近して観察した中で最も遠い天体」の名前らしい。

3日間の逃避行の果てに、希望を見つけたこの物語にピッタリなタイトルで震える。

しかもウルティマ・トゥーレは2つの小天体でできてるとか!
作者のセンスどうなってんだよ(褒め言葉)

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10407_2014mu69

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み