復讐のために最強になったキャバ嬢

シリアスな笑いから、本物のシリアスに着地する読切
「着地できている」と感じるかどうかは読み手次第で変わる絶妙なバランスでした(わたしは感動と笑いが心の中で半々でした)

この目の残像表現はドナルドダックから一周回って新しく感じた

シリアスな笑い...

コメントする
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー