5巻が出たぞ〜

この本みると少年好きの友人(女性)の本棚にずらっと揃ってたのを思い出します。5巻もいいシーンがあったなぁ…と。
少年の描写をみると「作者さん少年好きなんだな」ってすごく伝わってくるのですがちゃんと両方一人の人間として書かれているので聡子の気持ちも真修の気持ちも感情移入して考えられるんですよね。
聡子さんは大人だな…子供がそのまま大きくなった大人じゃなくてちゃんと大人。だからこそ深く悩むんでしょうね、、、
中学聖日記中学聖日記とか恋は雨上がりのように恋は雨上がりのようにとかあいだにはたちあいだにはたちとか年の差ものありますが実際こんだけ年の差あったらどうなんだろう…

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

store