グリッドマンにも負けていない「脚フェチ」コミック

一番下のコメントへ

表紙から内容が予想しにくいですが、美女装男子女装男子と少女たちによる異能力バトルです。文句なしで絵が上手く、いい意味でマガジンっぽい。言い換えれば「メジャーメジャー感」があります。「メイクをすることで魔女としての能力が発動する」設定はかなり大雑把というか活かしきれるか最初不安でしたが杞憂でした。「涙で魔法が解ける」というのもクライマックスでしっかり回収されていました。

味方の最強格である生徒会長の和音さんが何かにつけピンチに陥ってるところがガールズガールズバトルファンとしては最高に推しポイントですね。この作者、わかってやがる!!って感じです。(最後のほうはさすがに気の毒でしたけど……

巨大な敵の全貌が垣間見えたところで駆け足のビターエンド、という典型的な打ち切り的終わり方をしてしまいましたが、色々伏線を回収してキャラ立ちも大切にしてて誠実な全2巻だったなと感じました。ただ全7話はあまりにも短い…!終盤の展開は「悪食王悪食王」に似ています、巻数も同じ2冊。ただ俺様ソルシエール俺様ソルシエールのほうが格段にストーリーの作り込みが良く、続きを読みたくさせるものでした。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー