結構好きな古代生物が出てくる漫画

小柄な見た目からじゃ分からないほどやたら滅法に強い浪速じゃ負け知らずの喧嘩好きである主人公が、強い敵を追い求めていくうちにタブーである領域に触れてしまいつけ狙われることになり、本人もそれをよしきたと迎え撃つ。
絵面も面白いバトル漫画。

タブー、それは秘密にされ人間に扮した絶滅古代生物たちのことだった。
ネズミもいるから絶滅した古代生物限定じゃないかも?
いくら人間相手に敵なしの主人公でも恐竜など相手には手こずるものの、見事に倒してしまう爽快感もあって楽しい。
そして面倒を見てくれている兄貴のやれやれな小物感と1巻で早くも覚醒。
てことは恐竜に対抗できちゃう主人公も実はめちゃめちゃやばいやつだったりするんじゃないの?
と胸が躍る。
短く終わってしまう予感もビンビンだけどどうなっていくか見守りたい。

コメントする
全生物に告ぐ

全生物に告ぐ

また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー