user_private
ジュークボックス

初めは、持て余した男子中学生・弱音のドタバタコメディ。モノローグが詩のよう、くらいの印象だった。

しかし、中盤以降この詩的モノローグが加速し、展開もギャグっぽさを残しながらも恋やら進路やら己の生き方やらに悩むハードな青春漫画に変貌。きっかけは、3年生に進級してヤンキーっぽい女の子が登場したことかな。

終盤は弱音がどんどんハードボイルドになって言って、セリフやモノローグの力も増していき、ちょっとした切なさと優しさを残して幕を引く見事な終わり方。

当初は単行本化の予定もなく苦しい連載だったようでその様子があとがきで語られている。このあとがきもいいので、本編読み終わったら是非読んでもらいたい。

user_private
ジュークボックス

保健の先生も最初はちょいエロ要員だったのに、後半は人生の先輩ポジションになっていい味出してくる。3年次の担任も無茶苦茶で好きだ。

帯でキュウリをかじってたから、農業の漫画かなって思ってた。農業がメインではなかったが、間違いってわけでもないか。

ギャグとして始まり、リリカルな青春漫画として完結した異色の学園ドラマにコメントする
『あしたの弱音』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ