交通事故で死んだ主人公が幽霊になってクラスメートに最後のメッセージを伝える話になる、と思う。
あまりにも死んだことを受け入れすぎていて、漫画にならんじゃないかと思ってたら、最後の最後で驚かされた。
ただ、どんな方向に話が進んでいくのかはまだ全然わからないなぁ

サスペンス色の強い漫画になりそうな気もするけど、「ドラマチック青春」っていう枕とかがあるからいい話になるのか・・・って気にさせるんだけど、ここからいい話になりようがないんだよな・・・

普通にいったら犯罪を暴く系にいきそうだけど、微妙にそうじゃないのかなと思わせる感じはたしかにある

嫌味ギャルがでしゃばっているだけかと思いきや霊能力者だった。お父さん顔濃いし、早速目をつけられているし、橋渡しになるキャラが出てきた。

3話まで毎回面白いよね。
幽霊になってどうなるかと思ったらちゃんと見える人出てきたし。はっきりとは聞こえないみたいな制約があるか、証拠集めで難航するとかかな。

犯人はわかってるし生きてる人間に伝えることもできるようになったし、証拠集めが始まりそうだが、千秋以外に問題がありそうな奴らが現れてしまった

斎藤くん、佐原の感じだと親友感があったのに、そんな感じ全然なくてどうしてだろうって1話目から思っていたけど、佐原が斎藤くんのマンガをクラスメートに見せてしまったわけか。。悪気はなかったし、了解もとってはいたんだろうけど、あれはトラウマになっちゃうやつだよね。。

斎藤くんの思い込みの激しさはほとんどギャグだったからまぁあれはあれとして置いておこう。佐原視点に戻ると面白くなる。最後とかもなかなか良かったね。

最後まで読んだ!
語り手の視点がコロコロ変わるからどうなるかわからなくて面白かったなー。3巻でまとまってるのもいい

どのキャラも嫌なところと好きになるところがあってよかった
メイちゃんのお父さんがオイシイところ持ってった感があるね

死んでも伝えたいことがある、シリウス新連載にコメントする
『おくることば』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ