任侠沈没について一言

映画になってた

愛する赤竜組の将来を考え、組を裏切った組長の息子・正義を斬殺した赤竜組若頭・大紋寺龍伍(田口トモロヲ)。しかし、組長の我竜(大槻修治)は、"復讐"として龍伍の妻子を惨殺するという信じられない行動に出た。怒りに震える龍伍は、「親殺し」を心に誓い、我竜殺害に向かうが、途中、富士山富士山の大噴火に始まる天変地異が勃発。日本中...

ギャグテイスト結構がっつり残しているけど、アクションシーンもがっつり入れてるからバランスが難しそうな映画w
中国マフィアとかは映画のオリジナルキャラかな。確かいなかった気がする漫画には

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー