icon_reread
また読みたい
フォロー
爆風三国志 我王の乱(1)
政治は腐り、国土は荒れ、民衆は苦しむ、そんな後漢の乱世を憂いて立ち上がった英雄たち。ひとりは豪快で破天荒な熱血漢・劉備(りゅうび)、そして、もうひとりは冷静沈着なる天才・曹操(そうそう)。そんな対照的なふたりの活躍を描いた異色の三国志コミック!叔父・元起(げんき)の力添えで、慮植(ろしょく)先生の私塾に通うことになった劉備。しかし彼は真面目に勉学に励まず、賭け事や女遊びに明け暮れていた……。
爆風三国志 我王の乱(2)
馬商人の用心棒として山賊と対決する劉備(りゅうび)であったが、その山賊である関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と義兄弟の契りを結んで天下取りを目指す。そして劉備は黄巾党(こうきんとう)の壊滅に立ち上がって義勇軍の大将となり、程遠志(ていえんし)率いる5万の黄巾軍との戦いに先鋒を申し出て、たった三騎で挑んでいくが……!?
爆風三国志 我王の乱(3)
劉備(りゅうび)は、恩師である慮植(ろしょく)に頼まれて、十万の黄巾賊に囲まれた皇甫嵩(こうほすう)を応援するために長社へと向かう。そして黄巾賊に斬り込む劉備たちであったが、皇甫嵩の軍は動かず、兵たちが力尽きて窮地に陥る。そこへ駆けつけた曹操(そうそう)軍の活躍で戦いに勝利するが、劉備は皇甫嵩の態度に憤り……!?
爆風三国志 我王の乱(4)
南陽で戦う朱(しゅ)将軍の応援に駆けつけた劉備(りゅうび)は、策略をめぐらして趙弘(ちょうこう)率いる黄巾賊に壊滅的な打撃を与えて、小城へと追い詰める。そして頼もしい援軍の孫権(そんけん)も加わり、趙弘より降伏を申し入れる使者がやってくる。しかし朱将軍はその使者を殺してしまい、死を決意した黄巾賊の猛攻は孫権軍を狙うが……!?
爆風三国志 我王の乱(5)
暗殺された友人・張鈞(ちょうきん)への恩に報いるために、安喜県の県尉となった劉備(りゅうび)。しかしそこでは賄賂が横行し、政治は腐敗しきっていた。劉備は不正を取り締まり、悪人を罰して、民衆から尊敬されていく。しかし朝廷派遣の監察官・督郵(とくゆう)が、劉備を慕う美女・小蓮を犯したことに激怒した劉備は、督郵を半殺しにしてお尋ね者に……!?
爆風三国志 我王の乱(6)
新帝即位に乗じて何進(かしん)大将軍を操り、宦官の皆殺しを計画した袁紹(えんしょう)は、それに反対する何太后(かたいごう)を説得するために、地方の豪雄たちの軍を上京させて武力を誇示しようとする。曹操(そうそう)はその計画を阻止するために、何進を暗殺してしまう。しかし袁紹は何進の名を語って計画を進め、宮廷を焼き討ちに……!?
爆風三国志 我王の乱(7)
宮廷が焼き討ちされる中、天子を捕らえて後見人となった董卓(とうたく)は、地上最強の男・呂布(りょふ)を丸め込み、朝廷の軍事権をも掌握する。そして董卓は、袁紹(えんしょう)に天子の廃立をさせようとするが、袁紹は都を捨てて逃亡してしまう。力づくで天子廃立を進める董卓に、意見した慮植(ろしょく)が殺害されたと聞いた劉備(りゅうび)は……!?
爆風三国志 我王の乱(8)
朝廷を掌握して暴虐の限りを尽くす董卓(とうたく)。曹操(そうそう)は袁紹(えんしょう)を立てて、反董卓軍の兵を挙げる。そして恩師・慮植(ろしょく)を殺された仇討ちに、劉備(りゅうび)もまた出陣する。反逆軍に対して董卓は、都を洛陽から長安に移すと決める。漢帝国の崩壊に涙する曹操のもとに、劉備と孫権(そんけん)が駆けつけて……!?
爆風三国志 我王の乱(9)
反董卓軍として戦う孫権(そんけん)の救援に向かった劉備(りゅうび)。勝利の宴に興じる孫権に、呂布(りょふ)の軍隊が襲いかかる。撤退しようとする孫権は、赤いマントを目印にされて攻撃を集中されてしまう。そこへ到着した劉備は、部下の趙子龍(ちょうしりゅう)に孫権を守れと命じる。赤いマントで孫権に扮した趙子龍は呂布と対決して……!?
爆風三国志 我王の乱(10)
董卓(とうたく)を殺さねばならないと考え込む曹操(そうそう)は、天女のように舞い踊る美女・蘭花(らんふぁ)を見て、ある秘策を思いつく。長安に単身で乗り込んでいった曹操は、王允(おういん)と会って、呂布(りょふ)に董卓を斬らせるための協力を求める。そして市中見回りをする呂布の前で、ひとりの美女が倒れ込んで……!?