ちばてつやが激推ししているらしい

ペリリューってかなり浅い知識しかないけど、現地住民とすごい仲良くなったっていう話をテレビか何かで見た記憶があるんだけど、そういう話になっていくのかな。

戦争に行きたいとは思わないし、戦争ででかい傷とか負いたくないけど、足を滑らせて死ぬっていう小山くん的な死に方も嫌だなぁと思うんだよなぁ

あと、いつも思うけど、アメリカの物量は反則級だなぁ

マンガトリツカレ男

ヤングアニマル特別編集 戦後70周年記念ムック漫画で読む、「戦争という時代」 に掲載されていたほうもよかったけどこっちも面白いな

2巻も面白かった。死ぬ人の数がどんどん増えていってるし、戦況はどんどん悪くなっていってて、まともな精神状態を保てなくなりつつあるね。

小杉伍長はずるい奴だってとっさに思うんだが、現代人の俺的には行動が一番納得できてしまう

ラッキーセブン万太郎

小杉伍長は介錯してやってるところがいい
悪人じゃないけど後々見つかって揉めそう。背中から撃たれるタイプ

小杉だけファンタジーっぽい世界観にいる

小杉だけファン...

水不足を植物の茎から得られる水でなんとかしている小杉を見ていると、兵糧が潰された時の集団行動ってほんと地獄だなって思う

兵長の片倉は見るからにやばそうな奴だけど、泉くんの方がなんか深い闇を抱えていそう

武器を鹵獲されてしまうアメリカ軍って意外と抜けているところもあるんだな

血というか脳漿が飛び散っているところが妙にリアルでゾッとするんだよな

片倉は職務に忠実な人間というだけな感じがする。吉敷はそのうち死んでしまいそう

ペリリューでググると生半可なものがヒットしないから、これからますます地獄になっていくんだろうな

全滅しても勝利であるっていう発想からして行き着く先は見えている

最終的には60人・・・

そのうち民間人も出てくるのかな

wikiからだけど、こりゃ地獄だわな
物量の差が戦力の差だ

日本側装備
小銃5,066挺
九六式軽機関銃200挺
九二式重機関銃58挺
九七式中迫撃砲(長)ほか火砲約200門
九五式軽戦車16両

アメリカ側装備
小銃、自動小銃41,346挺
機関銃1,434挺
拳銃3,399挺
火砲729門
戦車117両

2巻で約30日が過ぎたが、ペリリューの戦いは約3ヶ月あったので、まだまだ前哨戦が終わったってところか・・・

小杉がいいな

コメントする
投稿者名
また読みたい
フォロー
ストアで買う
ebj
amazon
もっとみる