おバカで切ないSFファンタジーっていう要素のごった煮

基本的に高木さんと金やんのおバカな日常なんだけど、ベースの世界観がちょっとディストピアっぽいSFで、ついでに妖怪とか出てくるファンタジー要素もあってっていう、作者の「こうなったら面白くない?」っていうのが詰め込まれた感じがする

基本的におバカなのに、猛烈に切なくなる回とかがあって、結構好きな作品

色を吸うお化けみたいなのがすごい好きなんだよね…

色を吸うお化け...

最終的に伏線がちゃんと回収されたよね
あのごった煮感をどう終わらせるのか不安だったけど、綺麗に終わったのはすごい

地獄の田中

不意に、あれが高木さんと金やんが大人になった時の話が差し込まれて、胸が締め付けられた
金やん1話、高木さん1話しかなかった気がするけど、どっちも印象深い

金やんは実家に帰省したやつで、高木さんは夕日の話だったね
金やんのやつは切なかったなぁ

みんなが優しくなる世界の話も好きだったっていうか、この世界に住みたい

みんなが優しく...

これ、いいなあ。不思議なバランス。

似てると思うと顔とかも似て見えるな

似てると思うと...

世界観が好き

コメントする
投稿者名
ストアで買う
ebj
amazon
もっとみる