一番下のコメントへ

大サソリ鍋、適当にそれっぽいもので再現するのはできそう。サソリは蟹でいいし、歩きキノコはエリンギとしいたけでいけるし。

花苔のヴィジュアルがちょっと難しいな。キャベツで適当に形をつくるか、それとももっとそれっぽいものを探すか。

大サソリ鍋、適当にそれっぽいもので再現するのはできそう。サソリは蟹でいいし、歩きキノコはエリンギとしいたけでいけるし。 花苔のヴィジュアルがちょっと難しいな。キャベツで適当に形をつくるか、それとももっとそれっぽいものを探すか。
camera

大サソリ鍋、適当にそれっぽいもので再現するのはできそう。サソリは蟹でいいし、歩きキノコはエリンギとしいたけでいけるし。 花苔のヴィジュアルがちょっと難しいな。キャベツで適当に形をつくるか、それとももっとそれっぽいものを探すか。

大サソリ鍋、適...
@goro

左下の「うわ~」が気になるw

昆虫食研究家の蟲喰ロトワさんが「ダンジョン飯」の「大サソリと歩き茸の水炊き」を再現しました。実際の食材で作るとミニチュアサイズ。食後は標本も作っちゃいます。

再現させてる人がいましたねw しかもサソリが本物という…!

[蟲喰ロトワ @Mushi_Kurotowa さん、「ダンジョン飯」の「大サソリと歩き茸の水炊き」を再現 - Togetterまとめ](http://togetter.com/li/785699) 再現させてる人がいましたねw しかもサソリが本物という…!

[蟲喰ロトワ @Mushi_Kurotowa さん、「ダンジョン飯」の「大サソリと歩き茸の水炊き」を再現 - Togetterまとめ](http://togetter.com/li/785699) 再現させてる人がいましたねw しかもサソリが本物という…!

@vivid

ぎょえええええ。カニとサナギの中間の香りって・・・おいしそうではないぞ・・・

ぎょえええええ。カニとサナギの中間の香りって・・・おいしそうではないぞ・・・

ぎょえええええ。カニとサナギの中間の香りって・・・おいしそうではないぞ・・・

@hiro

カイコのサナギをたべるところもあるし、案外美味しいのかもしれない…!

このマンガがすごい!2016でサソリ鍋再現してましたけど、ロブスターでしたね。
普通においしそうでした……
大サソリはゆでると赤くなるらしいから、togetterのよりそれっぽいかもしれないですね。
まあ、本物のサソリのインパクトに勝るものはないですけど(笑)

歌舞伎町の上海小吃では、新しく蜂・タランチュラ・巨大ムカデの唐揚げ?がメニューに加わったようで、ダンジョン飯よりダンジョン飯だなと思いました。 ちなみに上海小吃は普通のメニューも多く置いてあるおいしい中華料理屋です。

歌舞伎町の上海小吃では、新しく蜂・タランチュラ・巨大ムカデの唐揚げ?がメニューに加わったようで、ダンジョン飯よりダンジョン飯だなと思いました。 ちなみに上海小吃は普通のメニューも多く置いてあるおいしい中華料理屋です。

@マンドリン松本

揚げパンがうまい

有名サイトですがこちらで再現(に近い)をやっております。

やっと九井作品のご飯を再現できて、自己満足に浸っています。短編集「ひきだしにテラリウム」で描かれる、架空のご飯ワールドのセンスに脱帽したので、九井先生が新作で「食」をテーマに描く、と知ったときは「編集者はわかってらっしゃる!」とうなずいたものでした(え

有名サイトですがこちらで再現(に近い)をやっております。 http://mangashokudo.net/blog-entry-387.html

有名サイトですがこちらで再現(に近い)をやっております。 http://mangashokudo.net/blog-entry-387.html

@となたす

すごい!
途中で「辛っ」って言ってたのを思い出して唐辛子追加してたとこがなんかぐっときました!
おいしそう~

user_private
マンドリン松本
有名サイトですがこちらで再現(に近い)をやっております。 http://mangashokudo.net/blog-entry-387.html

有名サイトですがこちらで再現(に近い)をやっております。 http://mangashokudo.net/blog-entry-387.html

@となたす

すごい美味しそう
バジリスクとかすごい食べたいんですよね。秒殺される自信しかないですが笑

コメントする

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

スペインはグラナダ、世界遺産の街での新生活 #1巻応援
兎来栄寿
兎来栄寿
7日前
「天狗の赤い髪」、「ノウゼンカズラの夏」の福浪優子さんの初連載・初単行本が発売されました。 舞台は、スペイン、アンダルシア地方のグラナダ。『茄子 アンダルシアの夏』でご存知の方も多いかもしれませんね。 グラナダはスペインの南端にあり、街全体が世界遺産となっている場所。作中ではアンダルシアが大好きでバルセロナから夏になる度に来る、という人物も登場します。しかし、東端にあるバルセロナからは電車で11時間ほど掛かる場所。日本だと青森から山口まで電車で行くような感覚でしょうか。 グラナダは歴史があり自然も多く美しい街で「いつか移住したい」と語る夫婦には、かつて世界遺産に月1以上で通ってそこの自然と街並みを愛しすぎて移住した身として深く共感しました。 そんな余談はさておき、本作は両親を亡くした14歳の少年が叔母の住むグラナダに移住して新生活を始めるという筋書きです。 美人でスタイルも良くてぶっきらぼうで「強い女」感がビンビンの叔母さんですが、主人公に対しては確かな優しさを感じさせてくれます。 見知らぬ土地で少しずつ色々な人たちと関係性を築いていく様子や、慣れないスペイン料理を苦労しながら作って食べる日常風景は見ていて癒されます。ガスパチョやシナモンレモンプリンはとても美味しそう!福浪優子さんの絵柄がまたテーマにピッタリとハマっています。 現代のスペインをメインの舞台にしたマンガというのはあまり多くないのでそれだけでも面白く、このアンダルシアの風を感じる作品をもっともっと読みたい! という欲求に駆られます。いつか実際に行ってみたいですね。
あかねさす柘榴の都
また読みたい
フォロー