疲れた時に読みたくなる作品。
Pom
Pom
17日前
すごく良かった! パンで地球と宇宙を結びつけるなんて、面白い発想で。 最初にまみ太がクロワッサンを食べるシーン。あ、この話好きかもって感じた。 最後にはまみ太と、紺太、そして二人の周りにいる人達の生活が、これからもずっと平和に続きますようにと願わずにはいられない心温まるお話でした。 そして、鳥野先生のほかの作品も是非読んでみたい!
地獄も幸せも人それぞれ
野愛
野愛
約2ヶ月前
結婚してても仕事できても美人でも若くても、人それぞれの地獄があるんだなと気づかされる。 AさんでもBさんでも元ヤンちゃんでも新人ちゃんでも、みんな何処かしらわかるなあと思うところがある。そして、みんな何処かしら嫌だなと思うところがある。 Aさんが他人を羨むばかりの話だったら、読むのが辛くなって投げ出していたと思う。 家庭があるBさんや若い元ヤンちゃん達とのささやかな関わりの中で、自分からは見えない彼女達の苦労や努力をしっかりと理解し、成長する姿がかっこよかった。 人には人の地獄があるし、人には人の幸せがある。自分から見える部分だけで人を羨んだり呪ったりしても、なんの意味もないのだ。 代わり映えのしない地獄みたいな日常でも、人は前に進めるんだなと感じた。
早めの話し合いと殴り合いを
野愛
野愛
約2ヶ月前
夫にキレる私をとめられないを読んだので、答え合わせのような気持ちでこちらも読みました。まあやっぱり胸糞悪いですね! 子どもが産まれても仕事に飲み会に何も変わらない夫。約束は守らない、妻の予定は大事にしない、褒めない、感謝しない。ひどいもんですね。 全部察してくれとは思わないけど、さすがにちょっとは察しません?コミュニケーション不足とか男女差だけで片付けるには酷すぎるなあと。 でも察してくれないやつには言わないといけないんですよね。言わなくても少しは察してくれ、というところまで含めて伝えないといけない。 結局ギリギリまで耐えて爆発して再構築できたけど、わだかまりが完全に消えてないからモラハラしちゃったんでしょうね。 優しい気持ちで話せるレベルのうちに話し合いしましょうね。という教訓だけいただいておきます。