2004年7月16日発売
浅葱色の風
若くして天才剣士と呼ばれ、新撰組一番隊組長として活躍した沖田総司。浅葱色の羽織をまとい、下駄の音を響かせて、ただ夢中で剣をふるった。愛する人たちのため、信じる道のために生き、二十五歳の若さで病に倒れた沖田総司の、一途ではかない生涯を描いた著者入魂の傑作!
2004年7月16日