相性バッチリな二人の生活、どうなっていく?!
干し芋
干し芋
9ヶ月前
主人公のレオくんは、小学6年生。 かなりのしっかり者で、早く大人になりたいと思っている。 夏休みの間、離婚した母の所に行く予定だったが、海外在住で帰国が難しい為、母の再婚相手の連れ子である、義理の美大生の兄、透介と一緒に過ごすことになる。 子供なのに大人ぶっているレオくんと、大人なのに可愛いものが大好きで生活能力のない透介が、これからどんな生活を送っていくのか? とても、素敵な凹凸コンビになりそうな予感。 楽しみです♬
ホームドラマしか知らない
都戸さん、好きです(直球)
兎来栄寿
兎来栄寿
14日前
『嘘解きレトリック』の都戸利津さんによる、通算20冊目となるコミックスということでおめでとうございます! もう都戸さんの作品であれば絶対に面白いことに疑いはなく、全幅の信頼に本作でも応えて頂いています。 特筆すべきは、花ゆめAiというレーベルの作品ですが、少なくとも1巻部分では恋愛要素からは完全に解き放たれて完全に家族愛にフィーチャーした物語となっているところです。 少女マンガであればおおよそ恋愛要素はmust、少なくともあるのがbetterという暗黙の了解がありそうですし、実際同じ花とゆめAiという雑誌でも雑誌名に違わず「恋」や「婚」といった文字が使われている作品も多いのですが、『ホームドラマしか知らない』はそうした縛りから解き放たれた感じがあります。 子供っぽくて生活力皆無な義兄と、家庭環境のせいでしっかりし過ぎている義弟。不器用な二人が織りなすドラマがとにかく心に沁み渡ります。 誰にも必要とされたことのない義弟の視点が主軸となりその心情がたっぷりと語られるのですが、苛立ちも喜びも落ち込みも、まるで自分が体験しているかのように共感してしまいます。 どういう落とし所になるか解りませんが、この義兄弟には幸せでいて欲しいと願うばかり。 やっぱり都戸さんのマンガ、好きだなぁ……。
ホームドラマしか知らない
爽やかな箱庭ファンタジー読切
無用ノスケ子
無用ノスケ子
1年以上前
ガラガラ声を持つジェマと、庭に囚われた妖精のお話。タイトルにある「死」を連想するような雰囲気はなく、爽やかで幻想的なファンタジー作品です。 結構昔に描かれた読切(2014年のLaLa7月号掲載)を花ゆめAiレーベルで電子書籍で販売したもの。ページ数は40pと少ないですが買って正解でした。 名前や設定から察するに、草川為先生の新作「もっけの箱庭」のベースになってる作品なのでしょうか。そちらも読んでみたくなりました。
花ゆめAi 迷路庭園に死を