開催前
ドラえもん 1コマ拡大鑑賞展
2021年3月13日〜4月18日
渋谷PARCO
漫画の「1コマだけ」を、 じっくりと見つめたことがあるでしょうか。 わくわくするストーリーに引き込まれ、 駆け抜けるようにコマを目で追っていくのが ふつうの漫画の読み方だと思います。 藤子・F・不二雄先生の描く 漫画『ドラえもん』には、 1コマだけをとりだして見ても アートとして成り立つ絵が たくさんあります。 そんなコマをいくつか選び、 拡大し、額装をして、 まるで美術館のように鑑賞する展覧会を 「ほぼ日曜日」で開催します。 拡大されたコマたちを鑑賞したら、 次は、さあ、そのコマが含まれている ほんものの原画を観にいきましょう! 貴重な原画の数々は 「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」 にあります。
終了
画業65周年 ちばてつや版画展
2021年2月10日〜2月16日
銀座三越
1956年プロデビューを果たした「ちばてつや氏」。銀座三越では、画業65周年記念として代表作『あしたのジョー』(原作:高森朝雄)『ハリスの旋風』『おれは鉄兵』『あした天気になあれ』『紫電改のタカ』『のたり松太郎』『ガンバレ少年ジャイアンツ』の版画(ピエゾグラフ)約30余点を展示販売いたします。また、グッズ販売、資料展示もいたします。
開催前
楠桂『鬼切丸』展
2021年3月6日〜3月28日
画廊モモモグラ
1992年から2001年まで「少年サンデー超増刊号」に掲載された楠桂の傑作『鬼切丸』。 「鬼」を通して浮かび上がる人間の業を描き切り、多くの読者に強い印象を与えた本作の原画展を画廊モモモグラにて開催。 連載終了から20年となる今年、繊細で美しい筆致で描かれた肉筆原稿から、 現在連載中の新シリーズ『鬼切丸伝』の資料までを厳選して展示し、改めて作品の核心に迫る。
終了
千年一問 鄭問故宮大展
2018年6月16日〜9月17日
國立故宮博物院
台湾の漫画家・鄭問の活躍を記念する展覧会。
開催前
カネコアツシトリビュート展「LOCO! LOCO! LOCO!」
2021年3月6日〜3月18日
ヴァニラ画廊
「BAMBi」「SOIL」「Wet Moon」「デスコ」「サーチアンドデストロイ」など、数々の傑作を発表し、新連載「EVOL」で更なる進化を遂げながら、2021年画業29年を迎える漫画家、カネコアツシ。イラストレーターとしてもCDジャケットやアートワークなどの作品を手掛け、多方面で活躍、そのアナーキー、ラディカル、そしてドラスティックな作品は、多くの支持を得、国内外のアーティストにも大きな影響を与えています。 今展示では、24組のアーティストがカネコアツシトリビュート作品を発表、カネコアツシの原画作品、描き下ろし作品と共に展示いたします。また、本展の開催を記念した限定オリジナルグッズの販売や、オンラインイベントの開催も予定しております。 パンクかつグラマラス、ポップでエレガントなパイオニア的作家と、それをアナライズする作家との熱いセッションをどうぞお楽しみください。
開催前
『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展
2021年10月26日〜12月12日
森アーツセンターギャラリー
『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展が、2021年秋・東京、2022年夏・大阪で開催決定!! 東京会場は2021年10月26日(火)~12月12日(日)に森アーツセンターギャラリーで開催。 大阪会場の情報を含め最新情報は「週刊少年ジャンプ」本誌、公式サイト、Twitterで公開予定!
開催中
天地創造デザイン部×国立科学博物館 博物館へ行こう!
2020年12月12日〜3月31日
国立科学博物館
TVアニメ「天地創造デザイン部」と、文化庁、国立科学博物館とのコラボレーション企画実施中! 2020年12月12日(土)より国立科学博物館にてキャラクター音声ガイドがスタート! 榎木淳弥(下田役)、梅原裕一郎(木村役)、諏訪部順一(水島役)、竹内良太(海原役)の4名が演じるキャラクターが博物館の展示物をユニークに解説しています!また国立科学博物館では「音声ガイドシート」を無料配布。天デ部のキャラクターや生き物たちが散りばめられた賑やかなシートになっていますよ♪
開催中
石田スイ展【東京喰種▶JACKJEANNE】 東京会場
2021年2月6日〜3月7日
池袋サンシャインシティ
漫画「東京喰種トーキョーグール」シリーズと、 Nintendo Switch用ゲーム「ジャックジャンヌ」の2作品を中心にこれまで謎に包まれていた制作過程を多数のイラストや音楽、展示で表現いたします。また、石田スイの初期作品である貴重なアナログ原稿も初公開!漫画家・石田スイ初の大規模展覧会になります。