開催中
MIROIRS – Manga meets CHANEL Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか
2021年4月28日〜6月6日
芸術を愛し、同時代の芸術家たちを支援したガブリエル シャネルの精神を引き継ぎシャネル・ネクサス・ホールでは、これまで様々な展覧会を開催してきました。そして2021年春、その歩みに新たな一章が刻まれます。 「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の人気作『約束のネバーランド』の原作者・白井カイウ&作画家・出水ぽすかと、シャネルの協業による展覧会。日本ならではの文化として世界中で認知されている「マンガ/MANGA」を、シャネル・ネクサス・ホール独自の視点で展覧会として構築するという全く新しい試みです。 ブランドの歴史からインスピレーションを受けて描き下ろされたマンガ作品をもとに、ストーリーに込められたメッセージやシャネルの貴重な資料が立体的に表現され、作者たちとシャネルとの時代を越えた出会いを追体験することができます。  
開催前
田島昭宇画業35周年作品集『Baby Baby』発売記念SHOP at 渋谷虜
2021年5月13日〜5月31日
MAGNET by SHIBUYA109
漫画家・イラストレーター田島昭宇先生の画業35周年を記念し、これまで単行本未収録だった1990年代~2000年代の漫画短編作品と描き下ろし新作を集成したファン待望の未収録作品集『Baby Baby』が2021年4月28日刊行決定。 画業35周年と『Baby Baby』発売を記念したポップアップショップを期間限定で『渋谷虜(MAGNET by SHIBUYA109 3F)』にオープンします。 スペシャルイベントとして5月15日(土)には田島昭宇先生リアルサイン会の開催が決定した他、直筆サイン本の『渋谷虜(MAGNET by SHIBUYA109 3F)』での会場引換販売、WEB先着販売も開催します。 田島昭宇先生の記念すべき35周年を待望の未収録作品集『Baby Baby』と共にご堪能ください。
開催中
江口寿史のRECORD展 ~『RECORD』刊行記念~
2021年5月1日〜7月11日
横手市増田まんが美術館
江口寿史氏初のジャケットアートワーク集『RECORD 1992-2020』(河出書房新社 )の刊行を記念した展覧会の開催が決定いたしました。2016年開催の『江口寿史展 KING OF POP』から5年…横手市増田まんが美術館に再び氏の作品がやってきます! 今度の展示は「音楽」をテーマにした作品を大フィーチャーした一大展覧会!! 「RECORD」収録イラストの鉛筆による下絵やボツテイクなど、普段見られない貴重な原画を中心にこれまでに描かれた音楽漫画の生原稿などもあわせて、約200点の作品を展示します! 春~夏のまんが美術館で「江口寿史ワールド」を満喫してください!
開催中
いがらしゆみこの世界展
2021年4月3日〜5月31日
No.24 HACO
「いがらしゆみこの世界」LINEスタンプ発売を記念して、2021/4/3(土)より「いがらしゆみこの世界展」を開催いたします。 会場ではLINEスタンプに使用された全ての原画(複製)を展示する他、フォトスポットの設置や会場限定グッズの販売を予定しております。 会場となっている飲食店などが入る複合施設「No.24 HACO」では、期間限定のコラボメニューを提供いたします。また期間中には、いがらしゆみこ本人が会場でサイン会などを行うイベントも予定しております(※日程等の詳細は後日あらためてお知らせします)。展示はどなたでも無料でご覧いただけます。貴重な原画をぜひこの機会にご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。
開催中
さいとう・たかを&浦沢直樹 原画収蔵記念展
2021年3月20日〜5月30日
横手市増田まんが美術館
昨年度、当館に大規模収蔵作家として原画を収蔵させていただいた、さいとう・たかを氏と浦沢直樹氏。収蔵した原画数は、両氏合わせて約15万枚となっており、その数量からも両氏の漫画家人生の歴史と重みをうかがうことができます。 本企画展は、両氏の数ある代表作の中から、名場面を厳選し展示します。第1部は さいとう・たかを氏の原画を、第2部は浦沢直樹氏の原画を展示。両氏の貴重な資料と共に、直筆原画の生々しさとその迫力、作者の息遣いを存分にご堪能ください。さいとう・たかを氏 『ゴルゴ13』 『鬼平犯科帳』 『仕掛人 藤枝梅安』 『サバイバル』 『剣客商売』 浦沢直樹氏 『YAWARA!』 『20世紀少年』 『MONSTER』 『Happy!』 『 あさドラ!』
開催中
VRデビルマン展
2021年4月28日〜5月31日
悪魔か、人間か。その時あなたは、何者になるのか― パソコンやVRデバイスで家からアクセスする、誰も見たことのない幻想展覧会! 震災、疫病、経済危機、戦争…。人類に繰り返しおとずれる脅威。 それらに直面したとき、人はどのように恐怖を克服し、人間としての矜持(きょうじ)を保つことができるのか。 世界が変わりつつある今、あえて問う。人間の心のあるべき姿とは? 「人間でもあり、悪魔でもある」というモチーフを描ききり、発表から50年近くを経ても色褪せない、漫画版「デビルマン」。 テーマソングもおなじみの、東映動画(現・東映アニメーション)によるTVアニメ「デビルマン」。 そして、2018年にNetflixで配信が開始された「DEVILMAN crybaby」。 これら3つの作品を分解し、幻想的な仮想空間に巨大なエキシビションとして再構築。 新たな時代での生き方を問う、哲学エンタテインメントエキシビションが今、開幕する。 その世界に入り込んだとき、あなたは何を感じ、そして何者になるのか―。
開催前
BLUE LOCK EXHIBITION
2021年5月15日〜6月6日
SpaceHACHIKAI
タワーレコード渋谷店8階の催事スペース「SpaceHACHIKAI」では、講談社のマンガ誌「週刊少年マガジン」で連載中の人気マンガ『ブルーロック』(原作/金城宗幸 漫画/ノ村優介)の14巻発売を記念したオリジナル展示会「BLUE LOCK EXHIBITION」を5月15日(土)から6月6日(日)にかけて開催します。『ブルーロック』連載史上初となる今回の展示会では、作品制作の裏側が垣間見える直筆モノクロ生原画や迫力満点のカラー複製原画展示をはじめ、記念撮影にぴったりなフォトスポットなどをご用意。また、「金城先生1話丸々ネームコーナー」や「ノ村先生直筆コースター」など、独自企画を展開します。 そして、この会場先行では「原画展オリジナルグッズ」を販売、複製原画の受注販売も行います。さらに、これらの物販をご購入いただいた方には限定特典をお渡しします。これら盛りだくさんの内容で、累計発行部数400万部を突破した『ブルーロック』の世界を堪能できる、注目の展示会となります。
開催前
D・N・ANGEL展 ~杉崎ゆきるのD・N・A~
2021年5月14日〜6月6日
マルイシティ横浜
D・N・ANGEL展 ~杉崎ゆきるのD・N・A~ 1997年より連載がスタートし、2003年にテレビアニメ化、ゲーム化も果たし、海外にもファンが多い『D・N・ANGEL』が2021年1月ついに完結しました。 この展示会のために描き下ろしていただいた“お祝いイラスト”で、皆様をお迎えいたします。 展示会では貴重な第一話の原画や最終話のネームの展示、また『D・N・ANGEL』の魅力が詰まったオリジナルのグッズを多数用意しております オリジナル景品が当たる抽選会も開催予定でございます。