終了
宇宙兄弟40巻発売記念展 at 池袋虜
2021年10月1日〜10月21日
池袋虜
2人は無事に月面で再会できるのか…! 2021年9月22日(水)に40巻が発売となる小山宙哉先生の描く大人気シリーズ『宇宙兄弟』 40巻発売を記念して東京会場の池袋虜にて複製原画展示&オリジナルグッズ販売&コラボカフェが決定! 会場では名場面等身パネル展示もあり見どころ満載。 その後大阪へも巡回予定!
開催中
ドロヘドロ原画展~林田球の世界~ 宮城会場
2021年10月2日〜1月10日
石ノ森萬画館
2000年に「月刊IKKI」にて連載を開始し、18年にわたり愛され続けた衝撃作「ドロヘドロ」(全23巻)。林田球の描く唯一無二の世界観によって強烈なインパクトを与え、国内外で今なお、多くの熱狂的なファンを獲得し人気を誇っています。そして2020年には、映像化不可能と思われていた本作がMAPPAの製作によりテレビアニメ化され、ハイクオリティな映像が話題となりました。 本展は「ドロヘドロ」の連載から現在までを辿る、林田球初の大規模原画展です。2020年2月の西武渋谷店での開催を皮切りに、石巻会場で3度目の開催となります。 原画展でわかること。それはまだ……混沌の中。 それが……ドロヘドロ!
終了
デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉 東京会場
2021年8月7日〜10月10日
三鷹市美術ギャラリー
諸星大二郎(1949年生まれ)は多数の熱狂的ファンをもち、異分野のクリエイター、研究者といった幅広い層からも絶大な支持を得ている漫画家です。1970年『ジュン子・恐喝』で実質的なデビューを果たし、74年『生物都市』で第7回手塚賞を受賞、本格的な活動を開始しました。 その後は、『生物都市』や『夢みる機械』(1974)などのSF作品をはじめ、『妖怪ハンター』シリーズ(1974~)にみられる民俗学・考古学的な視点をもった作品、『マッドメン』(1975~82)など人類学的な考察とスケールをもった作品を生み出します。さらに『暗黒神話』(1976)は記紀神話を基に大胆な世界観を描き、東洋文学・思想に取材した『西遊妖猿伝』(1983~)『諸怪志異』(1984~2011)、博物学的な視点を感じさせる『私家版鳥類図譜』(2000~03)『私家版魚類図譜』(2004~07)など、多岐にわたる作品を発表しています。 95年から執筆が始まった『栞と紙魚子』シリーズでは、作者が居住する三鷹市井の頭(胃の頭)周辺に物語の舞台を設定し、ホラーコメディという新たなジャンルを開拓(2008年第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞)。誰にも真似することができないといわれる画風と相まって、独自の世界を築き上げています。 本展では、諸星大二郎のデビュー50周年を記念し、代表作の原画約350点を中心に、作品世界に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料などをあわせて展示し、読者を「異界」へと導く魅力の原点へと迫ります。 ※会期中、一部展示替えがあります。 [前期]8月7日(土)~9月5日(日) [後期]9月7日(火)~10月10日(日)諸星大二郎作品キャラクター総選挙 展覧会場にて、諸星大二郎作品に登場するキャラクターの人気投票を行います。投票された方のなかから抽選で3名様に、諸星先生の直筆サイン色紙をプレゼント! 奮ってご参加ください。 ※投票券は入場の際に配布いたします。その他詳細は会場でご確認ください。 ※郵送などでの投票は受け付けておりません。
開催前
連載30周年記念 地上最強刃牙展ッ!in東京ドームシティ
2022年3月5日〜4月17日
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
地上最強の男を見たいかーーッ!! 格闘漫画の王道にして金字塔、『刃牙』シリーズ連載30周年を記念し、過去最大の展覧会を開催! 舞台はファン待望のin東京ドームシティ! 『刃牙』シリーズ数々の名勝負を原画で振り返り、シリーズを通して描かれる<「強さ」とは何か?「地上最強」とは何か?>というテーマを追う、まさに地上最強の展覧会ッッ! 板垣恵介が魂を削って描いた肉筆を、闘いの聖水を、誰もよけることは許されないッッ!! ほかにも、等身大フィギュアや「刃牙の家」ジオラマ展示など、『刃牙』世界を余すところなく堪能できる数々の展示品が一同集結ッッ! さらに、目玉展示としてクラウドファンディングによる実物大「地下闘技場」再現企画も始動ッ!! 全選手入場ッッ!!!
終了
ラズウェル細木 東京初個展 『俳酒(はいしゅ)』
2021年9月30日〜10月17日
VOID
2021年9月30日より、漫画家・ラズウェル細木 初個展『俳酒(はいしゅ)』を開催いたします。 『酒のほそ道』連載開始以来、酒と酒場の魅力を描いてきたラズウェル細木による待望の東京初個展となります。 本展では、描き下ろしドローイング作品(額装色紙)をはじめ、秘蔵原稿の展示/販売を行います。また、オリジナルビールグラスなど、自宅での晩酌が楽しくなるような各種グッズを販売予定。なお、作品・グッズともに通販を予定しております。詳細はVOIDのHP・SNSをご確認ください。 ラズウェル細木 東京初個展 『俳酒(はいしゅ)』 2021年9月30日(木)- 10月17日(日) 営業時間 13:00-19:00 月曜定休 / 入場無料 *新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて ご入場時の「アルコール消毒」「マスク着用」にご協力ください。
終了
谷川史子 原画展
2021年9月30日〜10月6日
リベストギャラリー創
雑誌の予告カット等に使用した小さな原画及び原画展オリジナルグッズの販売を予定しています。 マスクご着用、手消毒、検温のご協力をお願い致します。 三密を避けるために整理券の配布など入場制限を行う場合がございます。 詳しくはギャラリーまでお問い合わせください。
開催前
第2回 表現者たち展
2021年11月22日〜11月30日
台東区立 隅田公園リバーサイドギャラリー
表現者たち展は、作品を通して「対話」そのものを見せる展覧会です。 表現者たち展は、対話と展覧会の二本立てです。 ☆見たこともないような作品を作ることに飢えていませんか? ☆作品を通して社会に影響を与えたいと思いませんか? ☆私たちは、アーティストとして成長し、  世界を変える力をもつ作品を創造するためにこの会を立ち上げました。 ◆私たちは、アートとは、自分の世界の外にあるものとの出逢いにより、  自らを見つめ発見する生き方そのもののことであると感じます。 ◆私たちは、アートが力を持つためには、対話を通して作品に意味を与えることが必要だと考えます。 ◆私たちは、アートには、見る人の共感を呼ぶストーリーが必要であると信じます。 ◆私たちは、アートを通して、現代社会の問題を解決したいと願っています。 ◆私たちは、すべての人がアーティストとして、新しい社会を形づくる未来を実現します。 私たちの考えに共感するアーティストを募り、人間が未来に生き残るため、 対話と展示の表現者たち展を開催します。 現代の問題を体現するゲストを外部から招き、 アーティストはゲストとの対話を通してインスピレーションを受け、作品を制作します。 その過程でストーリーが生まれます。〜 対話 〜   ゲスト: 漫画家・アニメーター安彦良和氏    概要: 2021年9月23日(木)14:00 ~ 16:00 オンライン(Zoom)開催   テーマ: 辺境から社会を変える〜自らの出自と安彦漫画の主人公の生き方について〜 〜 展示 〜    日程: 2021年11月23日(火)〜 28日(日)    場所: 隅田公園リバーサイドギャラリー@浅草
終了
~マンガで満たす食欲の秋~  料理&グルメ「食マンガ」展
2021年9月18日〜10月24日
森下文化センター
江東区ゆかりの漫画家・田河水泡を紹介する「田河水泡・のらくろ館」を併設している森下文化センターでは、マンガ関連の講座と特別展を開催しています。 今年のテーマは、いまテレビや映画で話題の「食マンガ」。 料理勝負やグルメマンガをはじめ、近年では生活に密着した作品から異世界ファンタジーまで、様々な「食マンガ」が生まれています。 読むとお腹がすいてくる、魅力あふれる作品をご紹介します。 【主な展示(予定)】 ・関連講座に登壇するマンガ家(ビッグ錠、倉田よしみ、魚乃目三太、ラズウェル細木)の原画、単行本の展示 ・「食マンガ」の歴史や作品をパネルで紹介 ・人気の「食マンガ」を読もう!~閲覧コーナー~