開催中
デビュー45周年 高橋葉介原画展
2022年5月1日〜7月18日
横手市増田まんが美術館
1977年のデビュー以来、実に45年間にわたり 「怪奇幻想マンガの第一人者」として怪奇と幻想を題材にした深遠な世界観を描き、 毛筆とペンを併用した独特の画風で唯一無二の魅力を醸し出し、読者を魅了し翻弄し続けてきた漫画家・高橋葉介。 2021年には代表作『夢幻紳士」が40周年を迎え、同年、自身初の画集である 『にぎやかな悪夢』(河出書房新社)を出版。 さらに2022年はデビュー45周年という記念すべき年です。 本展では、45年間で生み出した数多の作品 『夢幻紳士』 『学校怪談』 『もののけ草紙』『怪盗ミルク』などのカラーイラスト原画、 モノクロのマンガ原稿など、総計300点以上の直筆原画を展示します。 さらにショップではオリジナルグッズや直筆サイン入り版画も販売。 マンガカフェではコラボメニューも提供します。美しさと妖しさの饗宴 「ヨウスケの奇妙な世界」を存分にお楽しみください!
終了
「 みちまほ展 」道草晴子・しまおまほ 二人展
2022年4月29日〜5月5日
ギャラリーHANA
高校生にして「女子高生ゴリ子」で漫画家デビュー、その後もエッセイストやイラストレーターとしても活動するしまおまほと、「みちくさ日記」「よりみち日記」で知られるマンガ家、道草晴子による二人展。 昨年開催された、『道草晴子・初個展「みちくさ展」』で出会った二人。それぞれが自由な発想で、新作の水彩画やアクリル画を多数出品展示いたします。 特別対談と描きおろしマンガを収録したジンや、下北沢在住の道草さんならではの「よりみちシモキタマップ」も会場に設置、そして会期中には道草晴子の似顔絵屋と、週末には「4コママンガワークショップ」も開催いたします。おまけも楽しい展覧会です。 下北沢にお越しの際は、是非。
終了
『神様お願い』祝重版! 小骨トモトークイベントヤラセロセロ
2022年5月18日〜5月18日
梅田Lateral
SNSで話題沸騰! 重版も決まった『神様お願い』著者、小骨トモさんをお招きしてのトークイベント。 配信なし! 小骨さんのこれまでとこれからを語り尽くします! 当日は会場にて、物販も予定。 終演後にはサイン会も。 ※単行本のみへのサインになります。イラストはコバセンorスモウちゃんからお選びいただけます。 ぜひご参加ください。 また、書店・シカクさんにて 4月23日〜5月29日に小骨さんのフェアも開催。 複製原画の展示、特典付きコミックスやグッズ販売などを行います。 ぜひこちらもよろしくお願いいたします。 【出演】小骨トモ(漫画家) 【司会】劇画狼(おおかみ書房)
開催中
小田扉の『横須賀こずえ』展
2022年4月9日〜6月26日
横須賀美術館
『横須賀こずえ』(小学館)は、マンガ家・小田扉が横須賀を舞台に、王島家に拾われた犬・こずえとその周囲のちょっと不思議な日常を描いた作品です。 クスッと笑え、ときに泣けるギャグストーリーに、不思議な現象や小さな発見を愉しむセンス・オブ・ワンダー的な要素が加わった独自の作品世界は、世代を問わず多くの人たちを引き付けています。 本展では、横須賀のご当地マンガである『横須賀こずえ』の単行本表紙絵原画や単行本未掲載のカラー原稿約20点を中心に展示を行います。また、作中に描かれた、知る人ぞ知る横須賀ご当地ネタもあわせて紹介します。 
開催中
ちいかわ飯店@池袋パルコ
2022年5月13日〜8月31日
THE GUEST cafe&diner 池袋
大人気漫画『ちいかわ』 第2弾コラボカフェ「ちいかわ飯店」池袋パルコにて5月から開催決定! 今秋には名古屋・心斎橋パルコに巡回予定 イラストレーターのナガノが描く「ちいかわ」。Twitterに投稿される漫画は、ちいかわ・ハチワレ・うさぎ達の何気ない日常を描いた作品となっており、ゆるかわな絵柄やほのぼのとしたストーリーと、たまの毒気のギャップが人気となっています。今年3月には書籍「ちいかわ」3巻刊行、4月からは待望のアニメもスタート! 2021年に池袋・名古屋・大阪にて開催した初コラボカフェ「ちいかわカフェ」は、各会場ともに大盛況となりました。特に池袋はカフェ事前予約が全日程即完となり、多数のお客様から再度の開催要望をいただきました。その熱いご要望にお応えいたしまして、池袋にてアンコール開催も行っています。 第2弾のコラボカフェ「ちいかわ飯店」では、大人気の「郎」のラーメンがパワーアップして再登場する他、「とある日のプリズンプレート」など『ちいかわ』の漫画の世界観を楽しんでいただけるメニューを多数ご用意し、皆様をお迎えいたします。今回もカフェは事前予約優先となります。当HPの下部をご確認ください。 また、併設のグッズショップでは、カフェオリジナルグッズを中心に、関連グッズを取り揃えております。グッズショップは、フリー入場となっております。混雑が予想される場合は、グッズショップ入店整理券配布をすることがございます。
開催中
デビュー45周年 高橋葉介原画展
2022年5月1日〜7月18日
横手市増田まんが美術館
1977年のデビュー以来、実に45年間にわたり 「怪奇幻想マンガの第一人者」として怪奇と幻想を題材にした深遠な世界観を描き、 毛筆とペンを併用した独特の画風で唯一無二の魅力を醸し出し、読者を魅了し翻弄し続けてきた漫画家・高橋葉介。 2021年には代表作『夢幻紳士」が40周年を迎え、同年、自身初の画集である 『にぎやかな悪夢』(河出書房新社)を出版。 さらに2022年はデビュー45周年という記念すべき年です。 本展では、45年間で生み出した数多の作品 『夢幻紳士』 『学校怪談』 『もののけ草紙』『怪盗ミルク』などのカラーイラスト原画、 モノクロのマンガ原稿など、総計300点以上の直筆原画を展示します。 さらにショップではオリジナルグッズや直筆サイン入り版画も販売。 マンガカフェではコラボメニューも提供します。美しさと妖しさの饗宴 「ヨウスケの奇妙な世界」を存分にお楽しみください!
開催中
ゴールデンカムイ展 東京会場
2022年4月28日〜6月26日
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
杉元たちの戦いを丸ごと味わう超特盛闇鍋展覧会!!金塊争奪戦に挑む者たちの生き様をイラストと資料で体感せよッ!!
開催中
コジコジ万博
2022年4月23日〜7月10日
PLAY! MUSEUM
「コジコジ」の世界を遊びつくす! PLAY! MUSEUMならではのコジコジ展 ――遊んで食べて寝てるだけだよ なんで悪いの? 大人もドキっとするような含蓄ある言葉やナンセンスなギャグが人気の漫画「コジコジ」。 メインキャラクターである“宇宙生命体” コジコジの誕生から30 年以上経つ今、20 代から 30 代を中心に、そのかわいさとおもしろさ、そして作品の奥深さに注目が集まっています。 本展「コジコジ万博」では、コジコジたちが暮らす「メルヘンの国」のインスタレーション、 漫画やイラストの原画、オリジナル映像を通じて、個性的なキャラクターや名言の数々、主な物語を 体感的に紹介。現実世界と同じように、友情や恋、自分探しに悩む仲間たちを、 コジコジが明るく楽しく包み込み、すべてを笑いに昇華させていく作品の魅力に迫ります。 個性と多様性が求められる今の時代だからこそ、大人の心にリアルに響くコジコジの哲学。 ちょっぴり深い話も織り交ぜながら、PLAY! MUSEUM ならではのクリエイティブで、 コジコジを遊びつくします。 本展はPLAY! MUSEUM のみ開催で、巡回はしません。 日本でここだけ!またとない機会、ぜひ遊びにきてください。 漫画「コジコジ」とは? さくらももこ(1965-2018)による、ナンセンスギャグとファンタジーが融合した漫画作品。 1994年~1997年『きみとぼく』ソニー・マガジンズで連載(30話)、2000年~ 2004年『富士山』(新潮社)で掲載(3話)、2010年~2013年『りぼん』(集英社)で掲載(4話)。幻冬舎コミックス4巻(2004年)の描き下ろしを含め、計38話。テレビアニメ(TBS)は1997年~1999年にかけ全101話が放送された。原作はさくらももこで、脚本も手がけた。