開催中
WORST展〜戸亜留市タウンマップ
2021年2月19日〜3月1日
墓場の画廊 中野本店
昨年30周年を迎えた「クローズ」の正式な続編として、2001年から2013年にかけて連載された「WORST」は単行本の累計発行部数が3500万部を突破。さらにスピンオフ作品などを含めたシリーズ累計発行部数は9000万部を突破しているなど多くのはみ出しものたちを共感させる傑作コミックと知られ、その魅力の一つが脇を固めるキャラクターたち全てに人間味溢れることなど、刊行される脇キャラのスピンオフ作品も人気作品として知られています。 今回墓場の画廊では「鳳仙学園」や「天地軍団」また「漆黒の蠍」など個性的過ぎるサブキャラクター達にもスポットを当てた企画展を開催いたします。 原画の展示の他に墓場の画廊ならではの新作WORSTグッズの販売や写真撮影スポットをご用意して 皆様のお越しをおまちしております。
開催中
画業15周年記念 宮原るり作品展
2021年2月6日〜3月14日
青山GoFa
宮原るり先生の画業15周年を祝して作品展の開催が決定。 GoFaギャラリーにて数量限定で描き下ろしの版上サイン入りアートグラフや入場特典には描き下ろしメッセージペーパーの配布。会場では宮原るり先生のハートフルコメディ作品「僕らはみんな河合荘」「恋愛ラボ」の可愛らしいモノクロ原稿やカラーイラストを80点以上掲載を予定。 さらには2月11日(木)~2月13日(土)の期間に複製ミニ色紙プレゼント企画も予定しておりますのでお見逃しなく。
開催中
石田スイ展【東京喰種▶JACKJEANNE】 東京会場
2021年2月6日〜3月7日
池袋サンシャインシティ
漫画「東京喰種トーキョーグール」シリーズと、 Nintendo Switch用ゲーム「ジャックジャンヌ」の2作品を中心にこれまで謎に包まれていた制作過程を多数のイラストや音楽、展示で表現いたします。また、石田スイの初期作品である貴重なアナログ原稿も初公開!漫画家・石田スイ初の大規模展覧会になります。
開催中
田渕由美子展 ~1970’s『りぼん』おとめちっく♡メモリー~
2021年2月6日〜5月30日
弥生美術館
人気少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で、1970年代後半の“おとめちっく”作品ブームの中心的存在として活躍したマンガ家・田渕由美子(たぶち・ゆみこ)。白い出窓のあるおしゃれな洋室にアーリーアメリカン調のインテリア、小花模様のワンピースに白いエプロン・・・田渕の描くロマンチックな世界には少女たちの憧れがぎゅっと詰まっています。 本展は2020年にデビュー50周年を迎えた田渕の初めての展覧会です。「クロッカス咲いたら」「フランス窓便り」「あのころの風景」など『りぼん』時代の作品を中心に、初期作品から『コバルト』『YOU』他、エッセイマンガ等の近年の作品まで展示。原画・雑誌・ふろくから田渕の画業をご紹介いたします。 特別協力/集英社
開催中
『新谷かおるARTWORKS』刊行記念 「新谷かおる70th Anniversaryフェア in 書泉グランデ」
2021年1月23日〜2月28日
書泉グランデ
新刊『新谷かおるARTWORKS』(2021年1月29日発売)の発売を記念して、書泉グランデ(神保町)にて、「新谷かおる70th Anniversaryフェア in 書泉グランデ」が開催される。 著者のコミックスや同人誌など関連書籍を販売するほか、店頭では新谷かおる氏の貴重な複製原画の展示・販売も予定している。また、先行販売にて対象書籍の購入者には、先着で『書泉グランデ限定 新谷かおる先生特製クリアファイル』を配布する。
開催中
25周年記念 るろうに剣心展
2021年1月22日〜3月7日
東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
1990年代に「週刊少年ジャンプ」で連載され、累計発行部数7200万部(※)を超えた大ヒット漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』。人斬りだった過去に苛まれ、迷い悩みながらも、明治という新時代に自分の生き方を模索する主人公・緋村剣心の姿は、少年漫画誌における新たなヒーロー像として、読者に鮮烈な印象を与えてきました。 世の中の価値観が大きく変わるなかで、時代の変化に苦しみつつも、自分の信念を貫き、幸せとは何かを模索し続ける──本作に描かれる、この現代にも通ずる人生の普遍的なテーマを次の時代へと読み継ぐべく、本展を企画・開催いたします。 作品誕生から25周年という節目を超え、今なお多くの人の心を魅了する本作の世界に深く迫る「るろうに剣心展」に是非ご期待ください。
開催中
あしたのために あしたのジョー!展
2021年1月16日〜3月31日
世田谷文学館
1968年の連載開始から50年を経て、スポーツマンガの金字塔といわれる『あしたのジョー』は、国民的マンガ作品として、今も世代を超えて多くのファンに愛されています。 『あしたのジョー』は、東京五輪(1964年)前後を時代背景とし、天涯孤独の主人公が、スポーツを通して成長する姿が描かれています。 ある日、少年院送りとなった矢吹丈のもとへ「あしたのために」と題する拳闘指南の葉書が届きます。彼は葉書をトレーナーにみたて、言葉を肉体化するための訓練(シャドーボクシング)を開始します。ボクシングに“自らの命を燃え尽くす程の情熱”を見出していくジョー。 本作では登場人物たちの葛藤や生き様が、数々の名言とともに描かれています。本展では〈魂のスポーツマンガ〉を通じ、心身ともに情熱的にあすを生きる術をご紹介します。ある日、矢吹丈のもとへ「あしたのために」と題する拳闘指南の葉書が届きます。彼は葉書をトレーナーにみたて、言葉を肉体化するための訓練(シャドーボクシング)を開始します。ボクシングに“自らの命を燃え尽くす程の情熱”を見出していくジョー。本作では登場人物たちの葛藤や生き様が、数々の名言とともに描かれています。本展は〈魂のスポーツマンガ〉を通じ、心身ともに情熱的にあすを生きる術をご紹介します。
開催中
宮尾岳オンライン原画展
2020年12月30日〜3月31日
少年画報社創業75周年を記念して、アオバ自転車店シリーズで知られる宮尾岳先生のオンライン原画展を2020年12月30日〜2021年3月31日の日程で開催致します。 この原画展ではバーチャル空間で宮尾先生の原画をご覧いただく事ができ、本ページでは出展されている原画を複製した複製原画やグッズの購入もしていただけるようになっております。 どうぞごゆっくりと宮尾先生の世界をご堪能ください。