気まぐれな遺言

気まぐれな遺言

母に置き去りにされた天涯孤独のファランは、義理の父と姉に育てられた。おばが亡くなったと知らされた彼女が葬式で遺言書を確認しようとすると、そこに現れたのは、冷たいまなざしの気品ある男性スタラード・ビーチャム。莫大な財産はすべて資産家の彼に譲られたというのだ。いったいどういうこと!? 義父と姉に言われ、ファランは遺産を戻してくれるよう頼みに行くが、彼女を遺産目当ての強欲な女性と決めつけたスタラードは蔑んだ口調で、条件を出してきた…!
嘘と秘密と一夜の奇跡

嘘と秘密と一夜の奇跡

ジョアンナは離婚について話しあうため、大富豪の夫マットの屋敷を訪ねた。別居して1年。彼への愛情などもう残っていないと思っていたのに、再会するなり思いがけず胸が高鳴り、ジョアンナは自分を叱りつけた。彼の魅力に流されてはダメ。これまで傷つけられてばかりだったのよ。冷静に話を進めようとするジョアンナだが、離婚を認めないマットの熱情にのまれ、気がつけば彼とベッドをともにしていた。翌朝逃げるように去ったが、やがてさらなる動揺が彼女を襲う!!
黒き羽舞う砂丘で

黒き羽舞う砂丘で

行方不明の弟を探して、砂漠の小国ジャンタルに潜入したリンは、王宮で情報を集めるうちに衛兵に捕まってしまう。新王のカシムは、父である前王の亡き後、後継者であった実兄を殺して王になったと噂される人物。警戒するリンにカシムが提案する。「処刑する代わりに、私の愛妾になれ――」ハレムに囚われたジャーナリストと孤高の王、ぶつかり合う魂の行方は!?
碧き海の恋文

碧き海の恋文

伯爵家の令嬢ビアンカは継母の画策で年の離れたスペインの侯爵の元に嫁ぐことに。しかしその道中、海賊にさらわれてしまう。奴隷として売られた先は、暴君と名高いアフリール王国の若きシーク・セリムのハーレムで…!?真実の愛をかなえる青きダイヤに導かれる恋…。
ハートのときめき

ハートのときめき

アビーが引っ越しの挨拶をした隣人は、思わず見とれる整った顔立ちのコミックス作家ショーン。映画化もされた大富豪の彼は筋金入りの女性不信という噂だった。確かに作品に出てくるヒロインはお金と名声が目当ての、打算的な女性ばかりだけど…。ある日、脅迫状を受け取った彼は、気を引くためにアビーが出したのではと疑ってきた。こんな人に一瞬でも、ときめいたなんて! しかし、無欲で一途なアビーによって彼は偏見を打ち砕かれ、少しずつ変わっていき…。
億万長者と海に眠る人魚姫

億万長者と海に眠る人魚姫

辣腕CEOのブレイクは自身の婚約披露パーティ中、何者かに海へと突き落とされてしまう。彼を救ったのは不思議な魅力を持った女性、セラ。ブレイクの妹から依頼を受けた彼女は、彼を守るために同じ時間を過ごすことになるのだけど…
花婿は時計仕掛けの伯爵

花婿は時計仕掛けの伯爵

社交界の華であるエレナは、“とある悪評”のせいで、想い人である伯爵のイアンから目の敵にされてしまう。ところが、そんな二人が突然、「愛のない」結婚をすることになり―――。
花婿は真夜中の怪人

花婿は真夜中の怪人

貧しい者を救う“怪人”に心を奪われた、令嬢のジュリア。彼のことを知りたいと調査を始めるジュリアだったが、遊び人として名高いロウ卿が邪魔をしてきて……!?
危険な恋のまわり道

危険な恋のまわり道

チャンドラー財閥の令嬢サニーは家を飛び出した。祖父の会社を引き継ぐため必死に努力してきたのに、祖父はサニーの意思を無視し結婚させようとしていたのだ。一族の名を捨て自分の力で生きていくわ。サニーはコック募集の文字を見るなりレストランの門をたたいた。一方レストランのオーナー、ニックは困惑した。上流を絵に描いたような女性がなぜこの店のコックに? これは祖母が差しむけた花嫁候補に違いない。ニックはなんとしてもサニーを追い出そうとするが?
始まりはミステリー

始まりはミステリー

誰もいないスイートルームのバスタブに身をひそめながら、メルの胸は不安ではり裂けそうだった。世界の出版界がもっとも注目するミステリー作家ジャック・デヴリンの部屋の前でまちぶせし、直撃取材をするつもりだったのに…人の目を気にするあまり彼の部屋に忍びこんでしまうなんて。でもこんなのダメだわ。メルが部屋を出ようとした矢先、部屋の主が戻ってきた。慌てたメルは転倒し気を失い…気がつくとベッドの上、そばには不敵な笑みを浮かべたジャックがいて!?
大富豪と一夜のシンデレラ

大富豪と一夜のシンデレラ

10歳のときに里子に出されたスターは、高校生になると、隣家の美しすぎる御曹子デイビッドと恋に落ちた。身分違いとスターを毛嫌いする彼の母親の目を盗んでは、重ねた逢瀬。やがてデイビッドが他州の大学に進学することになり、ふたりは破局した。やっぱり私たちは最初から住む世界が違うのよ…。自分に言い聞かせながらも想いを断ち切れずに過ぎた10年。町に戻ってきたデイビッドを前に、今度こそ恋心に終止符を打とうとするスターだが、彼から強引に旅行に誘われ…。
歌姫と月夜のオアシス

歌姫と月夜のオアシス

砂漠の王族アシュラフは、NYのスラム街で孤児シンディと出逢う。彼女の天才的な歌の才能を知り、アシュラフは彼女に取り引きを申し出る。“おまえがプロの歌手になるまでの資金の融資をしよう。ただし、おまえの処女は俺が買う”。いつしか二人の間に芽生えだす愛…。二人の身分違いの恋の結末は…!?
心躍る冒険

心躍る冒険

1815年パリの空の下、イギリス生まれの好奇心旺盛な娘キャサリンは、ある男性を待っていた。祖国の情報をフランスに流す裏切り者を暴くため、護衛の男性と夫婦を装ってともに行動する手はずに…。ようやく現れた夫役を見てキャサリンは言葉を失った。ダニエル・ロス少佐!! 私の親友をもてあそび、不幸に追いやった人。ずっと恨んできた彼の妻を演じなければいけないなんて。しかしダニエルのまなざしは、まだ知らないロマンスを冒険してみたくなるほど魅惑的で…。
儚い愛人契約

儚い愛人契約

ウエディング・プランナーのガブリエラが想いを寄せるのは名門ホテルのオーナー、アリム。彼がつきあう女性はすべて美人、それも一夜限りのみ。自分なんて相手にされるわけがないと思っていた矢先、アリムから声をかけられ…誘惑に抗えず、ガブリエラは純潔を捧げた。翌朝、アリムは自分が異国の皇太子だと明かし即位するまで1年間だけ恋人になってほしいと告げてきた。なんて残酷な提案なの? 拒絶するガブリエラは知らなかった。その身に彼の子を宿したことを…。
ひと夏だけの情熱

ひと夏だけの情熱

伯爵の夫を突然事故で亡くし、遺された壮麗な屋敷に移り住むためにイタリアを訪れたクラリッサ。冷えきった関係の上に散財していた夫のせいで残ったのはこの美しい館だけだった。高額で館の買取を申し出る者もいたが、彼女が選んだのは館を改修して立て直すことだった。そんなクラリッサの前に現れたのは、改修にはマネージャーが必要だと自分を売り込んできた魅惑的で謎めいた男性アントニオ――彼はまるで自分を誘惑しているようで一緒にいると胸がざわめいて…!?
結婚という名の悪夢

結婚という名の悪夢

アレクサンドラは映画撮影所で事務員として忙しい日々を送っていた。華やかな業界での仕事は刺激に満ちている。今日も憧れの俳優ウルフ・ケリックに偶然会えた。そこまでは想定内――ウルフに愛人のふりをしてくれと頼まれさえしなければ。あまりにも唐突な申し出に、彼女は断ろうと思った。でも、待って。これはチャンスなんじゃない? いつか映画監督になりたいという野心のため引き受けた愛人契約が、のちに思いがけない事態を招こうとは、夢にも思わなかった。
人魚を愛した億万長者

人魚を愛した億万長者

車いすで暮らすマリエッタは、悪質なストーカー被害に悩まされていた。画家として売れはじめ、ようやく自立できるようになったというのに…。怯える彼女の前に現れたのは兄の親友ニコ。警備会社のCEOである彼に、兄が警護を依頼したのだ。屈強な肉体に深い海のような瞳…ニコがそばにいるだけで心が乱れてしまう。でも大丈夫。彼が私に特別な感情を抱くとは思えないもの。ところがニコの提案で、犯人が捕まるまで彼の所有する島でふたりきりで暮らすことになり…!?
シンデレラを拒んだ秘書

シンデレラを拒んだ秘書

敬愛するボス、ランダルの幸せをいつも願っている秘書のポピー。彼が愛のない政略結婚をすることになり、心配のあまり少しだけお節介を焼いたら、式当日に花嫁が消えてしまう事態に!? ポピーの仕業かと問いつめるボスには、実は迫る35歳の誕生日までに結婚しなければならない理由があった。急いで次の花嫁を決めなければならない。それを知り青ざめたポピーは、ランダルから渡された候補リストを見てさらにうろたえた。なぜ私の名前が書いてあるの!?
半年だけのシンデレラ

半年だけのシンデレラ

余命宣告を受けたキャサリンは、せめて最期は華やかに生きようと決めた。憧れのロンドン社交界で、華やかに着飾って偽りの自分を演出し、そして…人生最初で最後の恋をした。ドミニク・デュヴァルは名家の生まれで起業家として成功し、容姿にも恵まれ、女性なら誰もが憧れる存在だった。でもキャサリンに残された命はあとわずか。彼からのプロポーズを断るしかなかった。まさかその6年後、自分は生きつづけ、予期せぬ場所で彼と再会することになるなんて思わずに…。
望まぬ花嫁

望まぬ花嫁

貴族の娘エリザベスは兄の友人であるウォーリック男爵レイナーにひと目で心を奪われた。彼が領地に帰ってしまう前にもう一度会いたい…その一心でついたエリザベスの罪のない嘘がスキャンダルを引きおこし、レイナーは責任をとって彼女と結婚することに! 望まぬ結婚を強いられた彼はエリザベスに冷ややかに接し、領地に戻りウォーリック城で結婚生活を始めてもそれは変わらないまま…。けれどそれでもかまわない。いつかあなたが心を開いて私を愛してくれたら…。
情熱の聖夜と別れの朝

情熱の聖夜と別れの朝

ホリーは吹雪のイブの夜、ヴィドと名乗る男性に窮地を救われ、ひと晩一緒に過ごすことに。「クリスマスなんてなくっていい」そう語る彼から、なぜか目が離せないホリー。いかにも金持ちなあなたと、カフェのウエイトレスの私。共通点なんてないはずなのに、どうして…? そしてヴィドに強く求められた彼女は、ずっと守ってきた純潔を捧げた。翌日、彼の冷たい反応を恐れたホリーは、足早に別荘から立ち去る。まさか自分がヴィドの子を宿しているなど思いもせずに…。
古城に秘められた愛

古城に秘められた愛

スキャンダルから逃れロンドンを訪れたプレイボーイのゲイブは従兄弟と久しぶりに再会した。城や領地の維持のため働きづめだという彼を見かね、ゲイブはしばらく立場を交換することを提案。伯爵家の後継ぎである従兄弟の所有する城を訪れると、管理人だという女性フレディが現れた。未亡人で子供の世話に追われる彼女は、ゲイブがつきあってきた女性たちとはまったくタイプが違ったが、なぜか気になる魅力が…。実はフレディには、哀しい愛の過去があって…。
不機嫌な公爵

不機嫌な公爵

ツアーコンダクターのイザベルは、突然現れた夫ルイスを見て悟った。本当に私たちは、これで終わりなのね。新婚当時、彼女はルイスから浮気を疑われ捨てられた。無実だと何度言っても会ってさえくれなかったのに、今や公爵家跡継ぎになった彼は、2年ぶりに私の前に現れた。しかし、彼の言葉にイザベルは驚いた。「過去のことは忘れて、君とやりなおしたい」不安に駆られるも、彼とよりを戻せるならと彼の提案を受け入れた。ルイスの真意が別にあるとも知らずに――…。
海賊富豪と愛の妖精

海賊富豪と愛の妖精

悲しい過去から堅実さと分別を何より大切に生きてきたアンナは、スペインの島を訪れていた。リゾートを営む母に1か月後の結婚式の準備を頼まれたのだ。そんなある日、クルーザーで上陸する人物に目を奪われた。まるで海賊のような危険な雰囲気のその男性は、花嫁の兄レオだと名乗る。彼のような男に恋をしても傷つくだけ…。頭は警鐘を鳴らすが心は彼女を裏切っていく。その時、レオが結婚式の準備を手伝うと申し出てきて、生活をともにすることになってしまい…?