icon_reread
また読みたい
フォロー
シャドーハウス 1巻
貴族の真似事をする、顔のない一族「シャドー」。その“顔”として仕える世話係の「生き人形」。来客のない奇妙な館には、今日も煤と黄色い声が、舞う――。
シャドーハウス 2巻
来客のない奇妙な館には、見たこともないことがたくさん起きる。そして、何事もなかったように、また貴族の真似事が始まり、“お披露目”の日が近づく――
シャドーハウス 3巻
一人前になるために、“お披露目”にかけられた、五対の新人たち。彼らを見定める視線は、その数を増してゆき、“見えない表情”が綻び始める――。
シャドーハウス(4)
成人になるための“お披露目”最終局面。“3階”から興味の眼差し。「顔のない一族」が、表情を手に入れた時、館の黒い輪郭が明らかに…!?
シャドーハウス(5)
“お披露目”を終えて成人となった新人たちに振る舞われる“珈琲”。そしてこどもたちの目は、歓喜と狂気で満たされ、偉大なるおじい様の姿に涙する。シャドーハウスは「牢獄」―…?
シャドーハウス(6)
“亡霊騒ぎ”の犯人探しに奔走する同期組の四対。事件の真相を求め、辿り着いた先は、館に蔓延る秘密の一角。命の価値さえ、館では歪に揺らぐ――。
シャドーハウス(7)
“亡霊騒ぎ”は収束へ。真相を紐解く先で審らかにされるのは、すす汚れた悲しき過去。事件の傷跡も消えぬ中、大人の思惑が鎌首をもたげる――。
シャドーハウス 8巻
“視察”が開催され騒然とするこどもたち。徐々に顕現し始めるのは、“珈琲”の欠如による綻び。秩序が乱れ、洗脳が薄れゆく中、去来するのはかつての記憶。そこに眠る一つの答えとは――。