10/28(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
【デジタル版限定特典付き】旅とごはんと終末世界(1)
人の時代が終わりを迎え、ゆるやかに静止してゆく世界。ロボットの人 蘇芳は、犬の人 ミュートを連れ添い自分を設計した博士≪ご主人様≫を捜す旅をしていた。道中で出会う、停止した時計塔、朽ちた学校、街だった廃墟。かつてそこに居た人々の名残りを感じながら蘇芳たちは今日も旅をし、おいしいごはんを作って食べる。もうすぐ終わる世界を巡る、終末スローライフ。※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定特典イラストを付与させていただきます。※
【デジタル版限定特典付き】旅とごはんと終末世界(2)
終わりゆく世界、ロボットの人 蘇芳は、犬の人ミュートを連れ添い自身の設計者《ご主人様》を探す旅を続けていた。旅先で出会ったのは、無人の地熱発電所を管理するAI、そして、ミュートの知り合いだという設計者だった。どうやらその設計者は《ご主人様》をよく知る人物のようで…。一方、自身のルーツを辿る旅をする、デザインチャイルドの鈴と、彼女を守るロボットの人 紫虎。汚染された区域で二人が見つけた手がかりとは…。もうすぐ終わる世界を巡る、終末スローライフ。※こちらの商品には、巻末にデジタル版限定特典イラストが収録されています。※
旅とごはんと終末世界(3)
人も文明も、穏やかに終わりを迎える世界。ロボットの人 蘇芳は、犬の人ミュートを連れ添い自身の設計者《ご主人様》を探す旅を続けていた。鉄道の発着駅のある街で、宿を営む青年と出会った蘇芳達。祖父を亡くした青年を元気づけるために、蘇芳は形見である祖父のレシピを再現しようと言い出して…。そんな中、街には《ご主人様》の研究所へ向かう無人列車が近付いていた――…。もうすぐ終わる世界を巡る、終末スローライフ。